【終了】「信用のハープと裏切りの刃」

HOME フォーラム セッション BBSセッション 【終了】「信用のハープと裏切りの刃」

  • このトピックには128件の返信、5人の参加者があり、最後にこきんにより3年、 9ヶ月前に更新されました。
  • 作成者
    トピック
  • #1531
    こきん
    参加者

    参加PC

    フィオ=ラミィ=ティール 紅月さん
     シーフ1 レンジャー1 バード3

    レイフ=ヘイウッド Agrumesさん
     レンジャー2 セージ1 シャーマン1

    デボラ=テンプルトン 寿さん
     ソーサラ―1 セージ1

    ルブルム 定俊さん
     プリースト(ヴェーナー)2 セージ1 クラフトマン(石工)5

    NPC
    ■トンプル 今回の依頼者、貴族たちの後ろ盾のある商人。
    ■ヴィグ 商隊のリーダー、トンプルの右腕。
    ■サイエ 戦闘時のリーダー、冒険者。

15件の返信を表示中 - 46 - 60件目 (全128件中)
  • 投稿者
    返信
  • #1720
    削除
    参加者

    あらあらまあまあ、こんな夜中に山賊さんも大変ねえ。
    でもたくさん護衛がいるから便利でいいわねえ。

    「ああいけないわあ~。早く眠らないとお肌に悪いわねえ~。
    フィオちゃん、ちょっとどいておいて待っててねえ。魔法を掛けちゃういますからねえ~。」

    「はい、おねむ~、おねむ~、山賊さん、ねんねんころりよ、おころりよお~」

    「それじゃあ~みんなあ~後よろしくねえ~。ふわああ~。」(あくびしながらテントに戻る)

    寿@PLより_________________________________

    前衛職がフィオしかいないしwww
    雑魚でも防御点4を抜けて気絶させられるかどうか・・・w
    どっかからファイター回して貰わないと雑魚相手でもやばいなあw

    【行動宣言】
    後衛から、スリクラを山賊三人にかけます。
    成功したのでテントで二度寝w当直の時間だけどw

    【ダイス】
    22:57:36 寿@デボラ 怪物判定 2d6+4 Dice:2D6[1,2]+4=7
    22:57:52 寿@デボラ スリクラ 2d6+4 Dice:2D6[1,3]+4=8
    22:58:33 寿@デボラ 予備 6d6 Dice:6D6[1,4,2,5,1,1]=14

    期待値4がハウリーからデボラに移ったw
    ダイス運が悪いのはキャラじゃなくてPLだなwww
    でも、ぴったり成功。三人とも寝ました。

    【ステータス】
    HP:9/9 MP:13/18

    【覚書】
    一ゾロ一回

    #1722

    >「ああいけないわあ~。早く眠らないとお肌に悪いわねえ~。
    >フィオちゃん、ちょっとどいておいて待っててねえ。魔法を掛けちゃういますからねえ~。」

    「しくじった時のために一応前に出ておくわ。
     大丈夫よ、デボラの魔法なら凡そ抵抗できるもの。」

    歌ならば手早く無力化もできるけど戦場が硬直するからあまりよろしくないのよね・・・
    暴力は苦手だけど仕方ないわ。

    素早く距離を詰めて槍で野盗の頭を狙って突きを放つも・・・やっぱりだめね。
    少し遅れてデボラの魔法が私と盗賊を巻き込むけど、まぁこの程度じゃ眠気も起きないわ。
    野盗は3人とも倒れたみたいだけど。

    >「それじゃあ~みんなあ~後よろしくねえ~。ふわああ~。」(あくびしながらテントに戻る)

    「まだ、他のところが戦ってるわよ?全部片付いた後じゃないと安心して眠れないわ。」

    ————————————————————————————————
    PLより
    01:11:50 紅月@フィオ 槍両手持ち、頭狙いで雑魚を攻撃 2d6+1 Dice:2D6[4,2]+1=7
    ミス
    01:12:06 紅月@フィオ スリクラ抵抗 2d6+8 Dice:2D6[2,5]+8=15
    まぁ効かないわね(笑)

    01:12:18 紅月@フィオ 予備ダイス 6d6 Dice:6D6[2,1,6,5,6,2]=22

    #1724
    ルブルム
    参加者

    食事が終わり、食休みをする間もなく見張りの任務につく。
    この規模の隊商を襲撃する賊なんぞ、そうそうおらんじゃろう……
    などと思っていたところに、共に見張りをしておるレイフどのの叫び声が聞こえた。
    初日からさっそくご登場かい。
    賊と思しきものの数は二十ちょい、こっちに向かってくるのは三名とみた。

    >「ああいけないわあ~。早く眠らないとお肌に悪いわねえ~。
    > フィオちゃん、ちょっとどいておいて待っててねえ。魔法を掛けちゃういますからねえ~。」
    >「しくじった時のために一応前に出ておくわ。
    > 大丈夫よ、デボラの魔法なら凡そ抵抗できるもの。」

    フィオどのが前に出て、賊の足止めをするところへデボラどのの魔法が繰り出された。

    「あっけないもんじゃのう……っと、まだこっちが終わっただけじゃな」

    眠りの雲によって眠りに落ちた賊の武装解除と拘束をしながら、警戒は緩めずにおく。

    ———————————————–
    PL

    11:10:52 定俊@ルブルム 怪物判定 対象:賊のようなもの 2d6+3 Dice:2D6[2,4]+3=9
    16:30:59 定俊@ルブルム 予備ダイス 6d6 Dice:6D6[3,4,6,2,3,2]=20

    これ、賊の仕業に見せかけて妊婦を処するという計画なのでは……?
    などとうがった見方をPLはしてしまうのですが、PCは思いもしないのでした。

    #1729

    やっぱり、荷馬車の中でじっとしてらっしゃるんかな、食事の場にもよう姿を見せとらんみたい。
    まぁ、誰しも食べないわけにはいかんからな、身重なら猶更。
    さすがに当の荷馬車の護衛に着いてる人たちは、あの二人のことも承知しておるやろ。
    話しかけて、料理だけでも渡すことにしようか。

    あの男の人とかでいいか。

    「すいません。
     あの、声潜めさせて貰いますけど。
     ……こちらの馬車に、お二人ほど、居られますよね?
     食事の場にも出ていない様子なので、配りに来たんですけど」

    料理を盛りつけた深皿を台木に載せたもんを見せると、ああ、やっぱり取り上げられた。

    >「彼女達を、誰にも会わせるなと、ヴィグさんのお達しだ。
    > とりあえず、料理は、私が渡す。
    > さあ、持ち場に就けよ!」

    でも別段、ボクも会ってどうこうする予定もないし、特に問題はないわ。

    「了解しました、失礼します!」

    返事をして、その場から踵をかえす……仕草の後、ちょっとだけ背後をチラ見する。
    護衛の人は、受け取った料理をそのまま持ってテントの方にいく。
    入り口幕を広げた時、中の様子が僅かに伺えた。

    夜が更けて、荷馬車付きの護衛冒険者で、それぞれ見張りを立てて過ごすこととなった。
    始めはボクと、ルブルムさんで警戒につくことになる。

    「……」

    じっと息を潜める。
    狩人は獲物が見つかる前から、こうして気配を殺して、訪れる機会を逃さないものや
    感覚を研ぎすませて、些細な変化にも気付けるようにする……習慣ちゅうか習性に近いな。

    (……結構、印象に残る姿やなぁ)

    ただ、無心になるのは難しくてなぁ。
    ボクは昔からよう考える性分なもんやから、その辺り、雑念が多くて。

    テントの中に見えた女の人は、地味なボクの外見とは雲泥の差やった。
    赤い髪の毛、暗がりにも映える翡翠色の目。
    お付きのおばあさんといっしょに、敷物の上でゆったり過ごしとったから、安心したけど。

    ……ん?

    なんや、今、暗がりが動いた……はっ!

    「ルブルムさん、皆を起こして!襲撃や!」

    ちっ、出発した初っ端からこれかいっ!
    たまたまの遭遇戦とちゃうんやないか!?
    オランから付け狙われてたか!?ええいどうでもいいわ、今は!

    どんどん夜の暗がりから動くものが這い出て来る……こっちに来るんは、3人か!
    叫ぶぞっ!

    「来たぞぉーっ!迎え討てぇーっ!」

    狙われるんはこの荷馬車だけやない、とにかく全員に報せんと。

    デボラの姐さん、フィオの姐さんは、起き抜けから素早い行動を見せた。
    けん制する動きでフィオの姐さんが迎撃、その隙に何やら詠唱を始めたデボラの姐さん。

    >「ああいけないわあ~。早く眠らないとお肌に悪いわねえ~。
    > フィオちゃん、ちょっとどいておいて待っててねえ。魔法を掛けちゃういますからねえ~。」

    完了し、発動した魔法が、煙の形をとって、フィオの姐さんごと襲撃者を覆う。
    瞬間、小さなフィオの姐さんを取り囲みかけていたならず者3人が、昏倒。

    >「はい、おねむ~、おねむ~、山賊さん、ねんねんころりよ、おころりよお~」

    ……え。
    おしまいなんか?

    >「それじゃあ~みんなあ~後よろしくねえ~。ふわああ~。」(あくびしながらテントに戻る)

    そうして、デボラの姐さんはまたテントに潜っていってしまった。
    それを呆れたように注意している、いつも通りのフィオの姐さん。
    奇襲を受けたばかりなのに、なんちゅうか、この荷馬車の女性陣、たくましい……。
    なんだか、姉ちゃん達の姿とダブってしまうわ。

    >「あっけないもんじゃのう……っと、まだこっちが終わっただけじゃな」

    「あ、ああ、そうですね。
     とにかく拘束してしまいましょうか……」

    ルブルムさんと後始末を始める。
    山賊の手下たちの武装を剥いで、ロープで腕と足をしっかり拘束や。
    全然起きる気配がない……眠りの煙の魔法、ちゅうかデボラの姐さんの魔法が強力なんやな。
    のんびりおっとりお金にうるさいおばあちゃん風でも、腕前は一級なんやなぁ。

    そんで、この日のボクら男性陣は、裏方勤めに終始した感があるなぁ。

    Agrumesより。

    スリープクラウドはソードワールド界の魔法にて最強……。

    >21:13:36 Agrumes@レイフ 怪物判定 対象:襲撃者 2d6+4 Dice:2D6[5,2]+4=11

    怪物判定は成功しました。

    21:13:45 Agrumes@レイフ 予備ダイス 6d6 Dice:6D6[2,3,1,6,1,2]=15

    #1737
    こきん
    参加者

    デボラの魔法で、こちらに向かってきた山賊の手下達3人は、あっさりと眠りについた。
    美容に悪いのか、デボラはその後、テントの中に戻ってしまう。
    それに突っ込みを入れるフィオ!
    ルブルムとレイフが、手下の武装を解除し、手持ちのロープで拘束した。

    暗闇の中、ルブルムの立ち位置で戦況を見てみると、馬車1台目は、ヴィグがデボラと同じ魔法を使って、周囲の山賊を眠らせている。
    馬車2台目は、サイエと護衛の者達が山賊と戦っている。
    馬車3台目は、護衛の者達と山賊が戦っている。
    馬車4台目は、荷物以外に、テントの近くで、護衛の者と山賊が戦っている。こちらは手下の方が分が悪い。
    お隣りの馬車5台目は、護衛の者が優勢で、山賊たちが逃げ出している。

    さあ、どうする?

    ++++++++++++

    GMより

    戦況は上記の通りです。

    荷馬車と荷馬車の間の距離は5mとします。
    荷馬車4台目までは、1ラウンドで通常移動でたどり着ける事とします。
    戦闘を避けて遠回りする場合は、1ラウンド全力移動で、先頭にたどり着く事ができるとします。
    乱戦になっているため、味方の誤射が生じる場合もあります。

    やっぱりスリクラは強しですね!w

    #1748
    削除
    参加者

    「もう寝てたのに~フィオちゃんたらいけず~。」

    「あらあらまあまあ、流石にこちらの優勢は動かない様ですねえ~。
    あ、5台目を襲っていた山賊が逃げ出しましたねえ~。」

    「私たちの護衛担当はこの六台目ですしい~。
    他の支援に行ってる間に、逃げた山賊がこっちを襲いに戻って来たら護衛できないですしねえ~。」

    「苦戦している所がないなら、このまま待機でいいんじゃないかしらねえ~。眠たいしい~。
    おばちゃんお留守番してるから、応援に行きたい人はいってらっしゃ~い~。ふわああ・・・」

    寿@PLより______________________________________

    待機提案。

    #1752

    戦況の確認をした範囲で特に劣勢のところはない。
    けどまぁ、増援が来ると面倒ね。

    「全員、ちょっと手を止めて抵抗に集中しなさい!一曲行くわよ!」

    味方全員にわかるように共通語で指示を飛ばし、槍を地面に落とし手持ちの楽器に手をかける。
    賊の抵抗力に合わせて音程を調整した”ダンス”の呪歌を奏でる。
    ただし、一般人が巻き込まれることも想定して(例の妊婦と老婆)スローテンポなものにしておく。

    決まれば後は殲滅まで戦い続けてもらえば問題ないわね。

    ————————————————————————————————
    PLより
    13:23:48 紅月@フィオ 知識判定 2d6 Dice:2D6[2,1]=3
    忘れてた知識判定、失敗(笑)

    13:21:02 紅月@フィオ 達成値縮小ダンス 2d6+3 Dice:2D6[4,5]+3=12

    達成値12、若干目がいいわね・・・全員抵抗専念してもらえないかしら?
    全員の抵抗値が(冒険者Lv2能力値+2勘案で抵抗に専念すれば凡そ防げる達成値)
    戦域が狭いので多分全範囲カバーできると思うわ。
    抵抗に失敗したら、攻撃力と回避に-4と古代語魔法&精霊魔法使用不可ね。

    #1755

    >「全員、ちょっと手を止めて抵抗に集中しなさい!一曲行くわよ!」

    え、一曲?
    ……あっ、呪歌か!

    くっ……!

    ど、どうにか耐えきった!

    Agrumesより

    >19:41:24 レイフ 精神力による抵抗ロール(抵抗専念) 2d6+4+4 Dice:2D6[5,2]+4+4=15

    専念がなければ、ハードラックとダンスするところだった。

    #1759
    削除
    参加者

    「あらあらフィオちゃん、お歌が上手ねえ~。」

    寿@PLより____________________________

    踊りたかったけど抵抗に成功してしまったw

    【ダイス】
    00:10:04 寿@デボラ 精神抵抗 2d6+4 Dice:2D6[2,6]+4=12

    #1761
    ルブルム
    参加者

    「ふーむ、どの荷馬車にも賊がやってきておるのう。
     ざっと見たところ、危ないところはなさそうじゃ」

    賊と誤認されて攻撃を受けてはかなわんし、しばらく様子見したほうがええかの。

    >「全員、ちょっと手を止めて抵抗に集中しなさい!一曲行くわよ!」

    そう言ってフィオどのが楽器を奏でる。

    「この旋律は……こりゃまずい」

    旋律に魅入られたものは勝手に踊り出すという、なんとも恐ろしい呪歌じゃった。
    事前警告もあってか、心構えができたおかげで踊らずに済んだわい。

    ———————————————–
    PL

    02:00:56 定俊@ルブルム 精神抵抗(専念) 2d6+6+4 Dice:2D6[6,1]+6+4=17

    #1766
    こきん
    参加者

    こちらの戦況は有利だ。

    >「全員、ちょっと手を止めて抵抗に集中しなさい!一曲行くわよ!」

    フィオがとどめを刺すように、呪歌を歌いだす。
    味方は全員、呪歌の影響から逃れた。

    「俺達の身体が踊っている!」
    「どうなっているんだ!」
    山賊たちは叫びながら、全員、踊りだしている。
    オマケに、テントの中の女性たちも踊っているみたいだ。

    「今だ!」
    サイエが叫び、護衛の者達が一気に攻勢をし、山賊たちを切り伏せた。

    生き残った山賊は、ヴィグとデボラが眠らせて、武装解除した手下7人。

    彼らをどうする?

    ++++++++

    GMです。

    騒動は、こんな結果になりましたw

    これ、指定ダイスで出てきたイレギュラーな山賊なんで、尋問しても何もでないと思ってください。

    山賊をどうするか、決めてくださいね。

    決まれば次の進行に移ります。

    よろしくお願いします。

    #1767
    削除
    参加者

    「あらあら終わったみたいですねえ~。
    それじゃあルブちゃん、レイフちゃん、ご苦労だけど、捕まえた悪い子たちを
    ヴィグさんに届けてくれるかしらあ~。後の事はお任せね。」

    寿@PLより_________________________________

    今回は隊商護衛の指揮官がいるから、PCの自由裁量で決められる事は少ないですね。
    ヴィグに引き渡して、後はお任せかな。

    #1770

    「終わったみたいね。」

    曲を止めて戦況を見回す。
    生き残り7人とは派手にやったものね。死んだ連中に同情はしないけど。

    >「あらあら終わったみたいですねえ~。
    >それじゃあルブちゃん、レイフちゃん、ご苦労だけど、捕まえた悪い子たちを
    >ヴィグさんに届けてくれるかしらあ~。後の事はお任せね。」

    「まぁ、私たちの管轄ではないわね。」

    何人か生かして近くの村の詰め所にでも送る手はなくもないけど、
    手間を考えると始末して火葬が一番世話がないと思いつつ口にはしない。

    ————————————————————————————————
    PLより
    私からも特には処遇について言及はなし。
    あえて言うなら死んだ連中に、一応祈りは捧げておいた方がいいんじゃない?くらい?

    #1774
    ルブルム
    参加者

    呪歌の効果をまともに受けた賊たちが踊り始めた。
    こうなると、もうあとは一方的に戦いは進むのう。

    >「あらあら終わったみたいですねえ~。
    > それじゃあルブちゃん、レイフちゃん、ご苦労だけど、捕まえた悪い子たちを
    > ヴィグさんに届けてくれるかしらあ~。後の事はお任せね。」

    わしらの一存でどうこうできる問題ではないので、そっちに預けるのが無難じゃな。

    「よっこらせっと。拘束した賊はこれで全部かのう。
     あとは……弔いにはあまり向かぬ宗派じゃが、亡くなったものに祈っておくとするかの」

    ———————————————–
    PL

    賊引き渡しと、埋葬のお手伝いを。

    #1779

    フィオの姐さんの呪歌は無慈悲なものやった。
    楽し気な旋律に体を操られて、その隙を突かれた山賊は悉く切り伏せられた。
    ご飯食べて間もないキャラバンの辺りの空気に血の臭いが混じる。

    狩りと違うな、こういうのは。
    無数の血の臭いが辺りにばらまかれる感じっちゅうのかな。

    >「あらあら終わったみたいですねえ~。
    > それじゃあルブちゃん、レイフちゃん、ご苦労だけど、捕まえた悪い子たちを
    > ヴィグさんに届けてくれるかしらあ~。後の事はお任せね。」

    デボラの姐さんの変わらないマイペースぷりが、なんやろな、安心したわ。
    空恐ろしいもんを感じないわけではないけど、変わらないのは拠り所になるんやな、何事も。
    この人に関しては、見た目すらそうそう変わらないんやろうし。

    「任されました。
     あとはゆっくり寝てて下さい」

    任されたボクとルブルムさんで残りの山賊……眠りの煙で意識だけが飛んだ生き残りへの対応をする。

    >「よっこらせっと。拘束した賊はこれで全部かのう。
    > あとは……弔いにはあまり向かぬ宗派じゃが、亡くなったものに祈っておくとするかの」

    横でルブルムさんが祈りを捧げているので、ならっておく。
    罪を為して、その業の果てに命潰えて、今神の下に赴き裁かれる。
    最期が神の裁きのもとにあるなら、少しは、救いになるんやないの?

    なんにもないまま、路傍で野垂れて死んで、土に還るだけをよしとするのは、ボクには難しいから。

    「それじゃあ、ボクも祈っておきます」

    ……そういえば、あの呪歌、ボクとか耐えきったけど、あのテントの中の赤髪の女の人とか大丈夫やったんか?
    って、ボクがどうこう出来る立場でもないか……。
    血の臭いで、気分悪くしたり、おどらされて、気分悪くしてたりしなきゃいいけど。

    Agrumesより

    遅れて申し訳ないです……><
    ルブルムに協力してヴィグに山賊生き残りの引き渡し、と埋葬手伝い。
    初日から死体を地面に穴掘って埋めるとかやばいなぁ!

15件の返信を表示中 - 46 - 60件目 (全128件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。