日常の過ごし方

■日常日記とは?

SwordWorldWeb6(以下SWWW6)では、主に冒険パート(セッション)と日常パートからなっており、日常パートでの出来事を示す場所が『日常日記』です。
『日記』とはプレイヤーを一人称視点からみた行動の描写の事で、『日常日記を描く』ではプレイヤーキャラクター(以下PC)が普段街でどのように過ごしているかを描く事ができます。
具体的には日常生活で起こる様々な風景(それこそ冒険のための準備「買い物」から、宿泊している宿の出来事、またはギルド員の挨拶や魔術師ギルドでの調査、市街での散策等)を描く事が可能です。

■市場風景に参加して、経験点&賞金をゲットしよう。

日常は冒険ではありませんので、経験点や報酬の取得は一切できません。(お金を使う事は出来ます。)唯一の例外が、毎月行われている市場風景です。以下に説明をします。

皆さんの活動拠点となるオランでは、毎月、様々なイベントが開催されています。そのイベントに参加してRPを投稿する事で、経験点や賞金をゲットする事が出来ます。ぜひ参加して色んな参加者と交流してみて下さい。

☆☆☆☆☆日常市場風景の参加特典☆☆☆☆☆
◆毎月一度のみ、経験点100点プレゼント!!
◆条件1:全てのイベントに参加する日記を書く事。
◆条件2:経験点付与できるのは1PL1PCのみ。
◆条件3:経験点取得をキャラシに明記する事。
◆条件4:ガメル増減をキャラシに明記する事。

■他のPC日記に参加しよう!

一人のPCが『日記』を投稿すると、他のPC達はそれに対して『返信』という形で日記を繋ぐことができます。しかも『返信』できるPC数は制限がありません。
一人のPCが起こした行動に、他のPCが日記を繋ぎ、更に他のPCも参加して、リレー小説の様に話がどんどん膨らんでいくことは間違いありません!
行動を起こした当初とは全く別の話になっていく事もしばしばです。

■ノン・アドベンチャー・キャラクター(NAC)について

また日常ではノンアドベンチャーキャラクター(以下NAC)の日記も書く事ができます。→NACについて

NACについては、他ページで詳しく説明しますが、簡単に言えば冒険者以外の人間のことです。
彼らは冒険に出る事ができませんが、日記を書く事によって街の彩りを添える事ができます。
さらに彼らを登録すると、セッション中にNPCとしてゲームマスター(以下GM)の方々が使用してくれるかもしれません。
もちろん登録者本人がNACを利用してシナリオを作成する事も可能です。

■新しく日記を描く場合

日常日記では、自分のPC以外には、NPCやNACを登場させて描写する事が出来ます。ただし他のPCの行動や言動を描写しないよう気を付けて下さい。

例えば、
「俺はトニー(PC)に殴られるかと思った」
という日記であれば、トニー(PC)の行動を決定することなく、自分のキャラクターの感想で終始していますが、
「トニー(PC)が俺の顔を殴った!」
では、トニー(PC)の行動を決定してしまっていますので、この描写は出来ないという事になります。

———————————————————————————-

■自分のPC以外のPCを勝手に登場させることは控えて下さい。

他にも有名なNPCを勝手に登場させる時は慎重にお願いします。PCはまっさらな状態で作成されており、最初からVIPなNPCとは知り合いではありません。冒険を通じて知り合ったりコネが出来たりするならば、登場させて絡むのを楽しむのも構いませんが、そうでない限りは日常日記で有名NPCを安易に登場させる事は、なるべく控えてください。

例えば、
「マナ・ライに呼び出され説教された。」「巨人殺しハーディと一緒に飲み明かした。」「(回想で)剣匠ルーファスに手ほどきを受けた。」
という日記では、名のあるNPCを勝手に登場させていますので、これは好ましくありません。
ただしエキストラ程度のキャラクター(奇跡の店の店主、古代王国への扉亭の主人ラウダ、麗しの我が家亭のドワーフ主人マクロイ)などは、日常の彩りとして登場させることも可能です。

———————————————————————————-

ツールバーへスキップ