【終了】「信用のハープと裏切りの刃」

HOME フォーラム セッション BBSセッション 【終了】「信用のハープと裏切りの刃」

  • このトピックには128件の返信、5人の参加者があり、最後にこきんにより2ヶ月、 1週前に更新されました。
  • 作成者
    トピック
  • #1531
    こきん
    参加者

    参加PC

    フィオ=ラミィ=ティール 紅月さん
     シーフ1 レンジャー1 バード3

    レイフ=ヘイウッド Agrumesさん
     レンジャー2 セージ1 シャーマン1

    デボラ=テンプルトン 寿さん
     ソーサラ―1 セージ1

    ルブルム 定俊さん
     プリースト(ヴェーナー)2 セージ1 クラフトマン(石工)5

    NPC
    ■トンプル 今回の依頼者、貴族たちの後ろ盾のある商人。
    ■ヴィグ 商隊のリーダー、トンプルの右腕。
    ■サイエ 戦闘時のリーダー、冒険者。

8件の返信を表示中 - 121 - 128件目 (全128件中)
  • 投稿者
    返信
  • #1992
    こきん
    参加者

    フィオが帰還するとき、牛頭の首を落とし、トンプルに見せつけ、交渉の糸口にするつもりらしい。
    レイフは余った塩を生首の保存に使うことにした。

    肉体的にも精神的にもボロボロのレイフは、木の実、山菜等、食料になるような物を集めた。

    暗闇の中
    燈した火を囲んだ君達は話す。
    まずフィオから・・・
    「あとヴィグ、これは言わせてもらうけど今回あなたも巻き込まれた口よ?
     妊婦の件はともかくあんな化け物の話聞かされてはいなかったわよね?
     大事なことはちゃんと説明してお互い納得を得ることよ。
     だから、報酬交渉は戻ったらトンプルと直接させてもらうわ。」
     
    次はレイフ・・・
    「あのカレトって人はなんだったんですか。
     御付きのばあさんは怒鳴って消えるし、カレトは、あの女の人は怪物を宿していた。
     胎ん中から力任せに裂かれて……そんな酷い死に方を、どうしてしなきゃならなかった。
     あんた、多少事情を知っとるんやろ?
     いい加減教えろや」

    次はルブルムがそっとレイフにサニティを行使する。
     殺気立ってたレイフが大人しくなった。

    ヴィグは重々しく話し出す。
    「妊婦に関しては、貴族の寵愛を受けた女性だが、妊娠すると、邪魔者扱いされ捨てられたようです。
     それを旦那様が可哀想に思い、貴族の影響の少ない地域に送ると聞いてはいたのですが・・・・
     懐にあんな牛頭を入れていたとは、私もわからなかったのですよ・・・
     老婆は助産婦とは聞いていたんですが・・・とんでもない曲者でしたね・・・
     かなりの力量を持った魔導士でしたね・・・私の力量でも、負けてしましますね・・・
     ああ、今回の商隊は何だったんだ!!
     サイエ達は裏切るし、荷物は無事で出直したとしても、期日まで間に合うか・・・」

    そして、夜は暮れる。

    +++++++++++

    フィオの提案通り、帰りはできる限り宿場町や農村で休むようにして、君達はオランへと帰還した。

    オランの西門で、ヴィグは、荷馬車をトンプルの作業員に任せ、ヴィグと君達はトンプルゴールドフィンガー店の奥に通され、帳面と睨めっこしていたトンプルと面会する事になった。

    驚いた顔をしたトンプルに、疲労困憊のヴィグが経緯を説明する。
    トンプルは、う~んと唸った後、君達に話す。

    「私の采配のミスですな・・・まさかあなた達以外の護衛がすべて賊だったとは・・・おまけにカレトの身体から、牛頭が出てきて、あなた達を襲うとは・・・今回の商隊の利益は無し・・・今から商隊を出しても期日に間に合うかどうか・・・強行軍で行けばできるかも・・・んんんんん。
    そうだった、君達にとっては危険な護衛でしたが、報酬を支払います。
    まず、後払い分の一人1500ガメルです。
    後は、1万ガメルとか6万ガメルとなると、それは無理ですね。
    私の商いが成り立たなくなります・・・では、これではどうでしょうか?
    デボラさんには、魔晶石、他の方にはコモンルーン一つでね。
    これで、手を打っていただけないと、私も困りますので。」

    ++++++++++++++

    2日が経った西門では、ヴィグや、かき集められた傭兵たちが荷馬車の周りにいる。
    そこには、トンプルも居て、見守っている。
    トンプルが言う。
    「私も賭けに出ました。
     強行軍で全員が馬に乗って進めば、早くエレミアに着くでしょう。
     頑張ってください!みなさん。」

    ヴィグは皆に手を振り、前に進んでいく。

    ああ、今日は綺麗な青空だ!

    ************

    GMより

    一気にフィナーレです。
    とにかく、今月17日が、ちょうど2か月なので、ちょっと、強引ですが、幕を下ろしました。
    それから、報酬は低レベルの方々に、高い報酬を渡すのも、ダメかな~と思いましたので、こうなりました。
    寿さん、影ながら応援していただきありがとうございました。
    みなさん、初シナリオに参加していただき、ありがとうございました。

    報酬です。
    経験値1040+一ゾロ回数×10
    報酬1500ガメル+デボラには5点の魔晶石、フィオ、レイフ、ルブルムはコモンルーン(p118、表5-9参照)から一つ好みの物を報酬として渡します。
    受領したら、解放となります。

    最後のRP、期待しちゃいますね。

    ネタバラシは追記したします。

    カレトと老婆、牛頭の事
     
    カレトの胎内にいる牛頭、あれは妊娠したものじゃなくて、牛頭の赤子つまり善にも悪にも染まっていない無垢の状態に、マナの力で身体の急成長を促す魔晶石を改良した石を赤子の額に埋め込み、赤子をカレトの子宮に埋め込んだのです。
    これを行ったのは老婆、魔導士です。助産婦としてカレトに付き添い、赤子がエレミアまで、無事、到着するか否かを実験したようです。
    何故、実験が必要だったのか?
    この魔導士は女性を街の中に送り込み、女性の胎内を使って、魔物の赤子を、自分のいいタイミングで急成長させ、密かに街を狂乱の渦に落とす、いわゆるテロを企んでいました。
    そのために、魔晶石をいじりまくり、なんとか物になるような物ができたため、今回の実験となりました。
    魔導士は貴族の一人と交渉し、貴族の慰めものにするため、自身の奴隷であるカレトを利用しました。
    これで、カレトは貴族の慰めものになり、魔導士は程よいところで、カレトは妊娠したとして、貴族からカレトを引き離し、自身の実験のために、用意していた魔物の赤子をカレトに植え付け、カレトとともに、エレミアまで行くことになりました。
    この牛頭の額の石は、まだ、完全ではなかったため、いくらか持ちこたえましたが、魔導士の力でもどうにもならなくなり、今回のPC達との戦闘になっちゃいました。
    ちなみに首飾りは安物の首飾りで、ファッションとして付けていたものです。

    #1993
    デボラ
    参加者

    >「私の采配のミスですな・・・まさかあなた達以外の護衛がすべて賊だったとは・・・
    >おまけにカレトの身体から、牛頭が出てきて、あなた達を襲うとは・・・今回の商隊の利益は無し・・・
    >今から商隊を出しても期日に間に合うかどうか・・・強行軍で行けばできるかも・・・んんんんん。

    「あらあらまあまあ、過ちを素直に認めるのは良い事よお~。トンプルちゃんは見所があるわねえ~」

    >君達にとっては危険な護衛でしたが、報酬を支払います。
    >まず、後払い分の一人1500ガメルです。
    >後は、1万ガメルとか6万ガメルとなると、それは無理ですね。
    >私の商いが成り立たなくなります・・・では、これではどうでしょうか?
    >デボラさんには、魔晶石、他の方にはコモンルーン一つでね。
    >これで、手を打っていただけないと、私も困りますので。」

    「コモンルーンですかあ~。つまり3000ガメル相当の上乗せという事ですねえ~。
    あれええ?トンプルさん、そうすると私の場合はあ~・・・
    5点魔晶石で2500ガメル。2点魔晶石で400ガメル。1点魔晶石で100ガメル。
    これで合計3000ガメル分になりますねえ~。宜しいですかあ~。
    それじゃあここにサインを~、よろしくねえ~。」

    寿@PLより___________________________________

    初GMお疲れ様でした。<(_ _)>

    初めてにしては、パーティーのバランスが悪すぎてw
    かなりマスタリングの難易度が高かったと思います。

    でもしょっぱなこんな難易度が高いマスタリングをこなしたらもう怖いものなしだね!
    次のGMも楽しみにしています。またよろしくお願いします。

    経験値1050点(一ゾロ一回)
    報酬1500ガメル+デボラには5点の魔晶石

    受領します。
    けど、
    ご相談ですが、魔晶石は、3000ガメル分になる様にちょっと増やして欲しい今日この頃w

    #1994
    こきん
    参加者

    GMより
    寿さん、5点、2点、1点魔晶石、でいいですよ。
    はい。デボラさん解放です。

    #2004

    「……?」

     なんか、心が落ち着いてしまった。
    ……まぁ、落ち着いたんなら、しゃあないな。
    体中の疲労が筋肉を火照らせていて、熱っぽく、意識をぼうっとさせる。

    >「妊婦に関しては、貴族の寵愛を受けた女性だが、妊娠すると、邪魔者扱いされ捨てられたようです。
    > それを旦那様が可哀想に思い、貴族の影響の少ない地域に送ると聞いてはいたのですが・・・・
    > 懐にあんな牛頭を入れていたとは、私もわからなかったのですよ・・・
    > 老婆は助産婦とは聞いていたんですが・・・とんでもない曲者でしたね・・・
    > かなりの力量を持った魔導士でしたね・・・私の力量でも、負けてしましますね・・・

    「……そうですか」

     ここに居る、残された奴らは、どいつもこいつも被害者やってことがわかった。
    誰の?というのは、まあ分からんけれど、この一連のトラブルの被害者なんやな。
    どっちにしても、いずれオランに引き返すことになるってことは、エレミア行きの依頼は失敗や。
    ボクらの不手際以上に、依頼人の不手際が目立ってるから、イマイチ実感薄いけどな。

    ……世の中、すぱっと気分良く事情が解決したり知りたいことが知れるわけじゃない。

    > ああ、今回の商隊は何だったんだ!!
    > サイエ達は裏切るし、荷物は無事で出直したとしても、期日まで間に合うか・・・」

    (本当にな)

    心中で同意する。
    静かな夜に、ヴィグの憤る声が響くが、ボクの心にはまるで響かない。
    誰のせいや、と思う心が、同意の返事を素直に口にさせてくれない。
    ヴィグとかトンプルとかにすべての理由を背負わせるには、恐らく違うだろう、という理性が働いていた。

    (しょっぱい仕事やな……)

    さっさとオランに引き返して、憂さを晴らして、また新しい依頼を探そう。
    今度はもっと慎重に、いい依頼口を精査して、飛び込みの依頼口に乗らないように心がけよう。
    教訓は、そんくらいかな。

    サイエたち……ああ、また襲ってくるかも……しれんなぁ……。

    「すんません、ボクの分の見張り番、後にまわして。
     ほんじゃ眠ります」

    テントに入って、体を横たえたら、すぐに睡魔はやってきた。

    オランに帰ってきた。
    サイエが再び襲ってくることはなかった。
    貰える報酬の為にも、最後の面倒事を片すとしよう。
    トンプルの許へと出向いて、ヴィグが事情を説明する後ろで待つ。

    >「私の采配のミスですな・・・まさかあなた達以外の護衛がすべて賊だったとは・・・
    > おまけにカレトの身体から、牛頭が出てきて、あなた達を襲うとは・・・今回の商隊の利益は無し・・・
    > 今から商隊を出しても期日に間に合うかどうか・・・強行軍で行けばできるかも・・・んんんんん。

    (ま、あんたが節穴やった、ってだけでもないんやろけどな)

     全部事情の分かってない女の人を密かに載せたりとか、あっさり信じ込んで積荷狙いの賊を大量に雇ったりとかは、……致命的やな。
    やっぱ節穴でええか。

    > そうだった、君達にとっては危険な護衛でしたが、報酬を支払います。
    > まず、後払い分の一人1500ガメルです。
    > 後は、1万ガメルとか6万ガメルとなると、それは無理ですね。
    > 私の商いが成り立たなくなります・・・では、これではどうでしょうか?
    > デボラさんには、魔晶石、他の方にはコモンルーン一つでね。
    > これで、手を打っていただけないと、私も困りますので。」

     依頼は失敗してるのに成功分の報酬に上乗せしてくれる分、まぁ人は良いんやろうな。
    お人好しで節穴か、商売人って仕事、あんまり向いてへんのかもしれんな……?

    「それで構いませんよ、十分です。
     ボクらもエレミア迄荷を運ぶ依頼は達成できませんでしたし」

    それにしてもコモンルーンねぇ、まぁそこそこ高価な代物やったか。
    渡してくれるって言うなら、貰うことに抵抗はないな。
    使い道、思いつかんかったら、あとで売り払ったろうかな。

    >「コモンルーンですかあ~。つまり3000ガメル相当の上乗せという事ですねえ~。
    > あれええ?トンプルさん、そうすると私の場合はあ~・・・
    > 5点魔晶石で2500ガメル。2点魔晶石で400ガメル。1点魔晶石で100ガメル。
    > これで合計3000ガメル分になりますねえ~。宜しいですかあ~。
    > それじゃあここにサインを~、よろしくねえ~。」

    デボラの姐さんは……またなんか。
    金払いについては本当にうるさい人やな。
    初対面やとあの終始ニコニコな顔とおだやかな雰囲気でうっかり騙されるんやろな。

    (女の人ってやっぱり怖いなぁ)

    さて、長居していて、いいことはなさそうやしな。

    「ほんじゃ、お世話様です。
     ご縁があればまた」

    つい口にしたが、この人らからの依頼は当分はゴメンやな。

    二日後の朝早くのこと。
    腹が減ったんで、朝飯を食べに行こうと街を西の方へと進んでいると、なんだか見たような記憶のある光景に出くわした。
    トンプルとヴィグらが、キャラバンをまた編成して、今度こそエレミアに行こうとしている……そんな光景だ。
    聞こえてくる声からも間違いないだろう。

    「ま、精々お気を付けて」

    強行軍でいくキャラバンを、またサイエが賊として襲ったりするのかもしれん。
    またぞろ、トンプルがあの馬車の中によく事情がわからん娘を隠してたりするかもしれん。
    そんな理不尽なトラブルの種を見えないままに、あの護衛の人らはキャラバンに同伴したのか。
    それともボクらの時のように、実は裏切る予定を立てていたりするのか。

    ぐるぐると考えて、まとまらず、思わず空を見上げる。
    空だけは、真っ青に澄み渡っていた。

    「……ため息吐くのもあほらしくなる空やな」

    まぁ名前と顔を見知った縁やし、ちゃんと成功しますように、と願う位はしといたろ。

    ぐ~。と腹が鳴った。

    「あかんな、朝飯食べにいこ」

    炊事の匂いに誘われるまま、ボクの足は飯屋の方を向いて駆け出す……あ、イテっ。
    なんや、と、ポケットに入っとった欠片……ああ、例の、首飾りの破片か。

    「……ふん、感傷なんて、こんな空に似合わんよ」

    かといって、ゴミをポイ捨てする理由にもならん。
    砕けた首飾りを適当にしまい込んで、これも縁や、と自分を納得させて、ポケットに仕舞い、再び駆け出した。

    Agrumesより

    お疲れさまでした。

    サイエの裏切りによる襲撃と、老婆の思惑のズレが、偶然に重なったんですね。
    はぁーなんやろ、レイフになりきって考えると、サイエと接したりもしたし、やっぱ気持ちは晴れんけど。
    こういう苦い思いもしながら冒険者として、一歩一歩進んでいくのも、まぁ悪くはないんかな。
    首飾りは安物で、ファッションに過ぎんとしても、レイフにとってはもう印象深い欠片になってるので、そのまま持ちます。

    経験値: 1040+10(指定ダイス内で1ゾロしていたので)
    報酬:2000ガメル(前金込み)、カウンター・マジックのコモンルーン

    あと、砕けた首飾りの欠片(0ガメル相当) を受領したいです。

    それから、狩人生まれなのと、一応最後に食べられるもの探してこられたロールも出来ていたので、
    出来れば、一般技能としてハンター技能を習得したいです。LvはGMにお任せします。

    よろしくお願いします。

    裏切りの刃:サイエ はわかったけど
    信用のハープ: これはなんやったんやろな

    #2007

    >「妊婦に関しては、貴族の寵愛を受けた女性だが、妊娠すると、邪魔者扱いされ捨てられたようです。
    > それを旦那様が可哀想に思い、貴族の影響の少ない地域に送ると聞いてはいたのですが・・・・
    > 懐にあんな牛頭を入れていたとは、私もわからなかったのですよ・・・
    > 老婆は助産婦とは聞いていたんですが・・・とんでもない曲者でしたね・・・
    > かなりの力量を持った魔導士でしたね・・・私の力量でも、負けてしましますね・・・
    > そうだった、君達にとっては危険な護衛でしたが、報酬を支払います。
    > まず、後払い分の一人1500ガメルです。
    > 後は、1万ガメルとか6万ガメルとなると、それは無理ですね。
    > 私の商いが成り立たなくなります・・・では、これではどうでしょうか?
    > デボラさんには、魔晶石、他の方にはコモンルーン一つでね。
    > これで、手を打っていただけないと、私も困りますので。」

    「今回は運がなかったわね、多少は同情するわ。
     私としても取れないものをよこせとは言えないしこの辺りが落としどころでしょ。」

    現物支給が妥当なところでしょ。
    ここで噛みついても特にメリットがなさそうだわ。

    「いろいろ腑に落ちないところはあるけど、サイエについては手配が回るように手を回しておくわ。」

    許可のない盗賊行為だとしたらギルドも黙っちゃいないでしょうね。
    それ以前に国内では手配が回るでしょ。

    「次はもうちょっとバランスのいい人材を集めるのと、
     いくつか冒険者の店を訪ねて店主に信頼できる人材を回してもらうといいと思うわ。
     あと手間かもしれないけど、雇い先を分散させれば全員が結託して裏切られるリスクは減らせるんじゃないかしら?」

    お節介かもしれないけど、まぁこれくらいはいいでしょ?

    「それじゃ、私はこれで失礼するわ。
     次はうまくやるのよ。」

    最後に一言残してその場を後にした。
    ————————————————————————————————
     PLより
    経験値1050(ピンゾロ1回)
    報酬:2000ガメル(前金込み)+歌収益108ガメル
    上納金:200ガメル(カウンターから減少)
    コモンルーン:ライト

    以上を計上します。

    GMお疲れ様でした、バランスの悪いパーティーで調整が難しかったと思いますが何とか無事終わりましたね。
    ファイター然り、せめてまともに最低限戦えるシーフがいると多少違ったと思うんですけどね・・・。
    前に立てるのが、バード特化のグラスランナーってどんな罰ゲームよ(笑)
    どうしてもPCだけでバランスが悪くてやりにくいと思ったら、
    適当にALL14くらいの欠落技能持ちNPCを加えるのも悪くはないと思うわ。

    #2016
    こきん
    参加者

    GMより
    まずはレイフ君から

    > 経験値: 1040+10(指定ダイス内で1ゾロしていたので)
    > 報酬:2000ガメル(前金込み)、カウンター・マジックのコモンルーン

    >あと、砕けた首飾りの欠片(0ガメル相当) を受領したいです。

    >それから、狩人生まれなのと、一応最後に食べられるもの探してこられたロールも出来ていたので、
    > 出来れば、一般技能としてハンター技能を習得したいです。LvはGMにお任せします。

    砕けた首飾りの欠片(0ガメル相当)は受領可です。

    一応、SWのルールで、初期作成時にしか、一般技能を習得する事ができませんので、この場合、不可とします。
    GMポイント使えば、一般技能が追加できると、このサイトの独自のルールであったはず。
    GM、やってみます?(笑)

    >裏切りの刃:サイエ はわかったけど
    >信用のハープ: これはなんやったんやろな

    この意味、信用のハープは、パーティー内で、一番、冒険者Lvが高い方のアイテムを書こうとしたら、フィオさんのハープがピッタリ?なので、ハープにしました。
    裏切りの刃はサイエだけでなく、サイエの仲間の賊も含まれています。

    次にフィオさんです。
    経験値1050(ピンゾロ1回)
    報酬:2000ガメル(前金込み)+歌収益108ガメル
    上納金:200ガメル(カウンターから減少)
    コモンルーン:ライト

    以上を計上します。
    受領OKです。

    >GMお疲れ様でした、バランスの悪いパーティーで調整が難しかったと思いますが何とか無事終わりましたね。
    >ファイター然り、せめてまともに最低限戦えるシーフがいると多少違ったと思うんですけどね・・・。
    > 前に立てるのが、バード特化のグラスランナーってどんな罰ゲームよ(笑)
    >どうしてもPCだけでバランスが悪くてやりにくいと思ったら、
    >適当にALL14くらいの欠落技能持ちNPCを加えるのも悪くはないと思うわ。

    陰ながら、サポートありがとうございました!
    フィオさん、強すぎ(笑)
    だから、わざと前衛に送りました。
    どちらにせよ、フィオさんの呪歌、強烈な技をお持ちですし、抵抗(味方を含めて)しにくいですし。
    もっと言えば、欠落技能NPC不要だと思いましたので。
    信用のハープさん、頑張ってね!

    フィオさん、レイフさん解放です。

    #2021
    ルブルム
    参加者

    >「妊婦に関しては、貴族の寵愛を受けた女性だが、妊娠すると、邪魔者扱いされ捨てられたようです。
    > それを旦那様が可哀想に思い、貴族の影響の少ない地域に送ると聞いてはいたのですが・・・・
    > 懐にあんな牛頭を入れていたとは、私もわからなかったのですよ・・・
    > 老婆は助産婦とは聞いていたんですが・・・とんでもない曲者でしたね・・・
    > かなりの力量を持った魔導士でしたね・・・私の力量でも、負けてしましますね・・・
    > ああ、今回の商隊は何だったんだ!!
    > サイエ達は裏切るし、荷物は無事で出直したとしても、期日まで間に合うか・・・」

    わしらにできることは王都への帰路を安全なものにするくらいしかないのう。

    「ふむ、お互い踏んだり蹴ったりというわけじゃな」

     ――――※――――

    人目につくところを帰路に選んだおかげか、王都へは無事に帰り着いた。

    >「私の采配のミスですな・・・まさかあなた達以外の護衛がすべて賊だったとは・・・おまけにカレトの身体から、牛頭が出てきて、あなた達を襲うとは・・・今回の商隊の利益は無し・・・今から商隊を出しても期日に間に合うかどうか・・・強行軍で行けばできるかも・・・んんんんん。
    > そうだった、君達にとっては危険な護衛でしたが、報酬を支払います。
    > まず、後払い分の一人1500ガメルです。
    > 後は、1万ガメルとか6万ガメルとなると、それは無理ですね。
    > 私の商いが成り立たなくなります・・・では、これではどうでしょうか?
    > デボラさんには、魔晶石、他の方にはコモンルーン一つでね。
    > これで、手を打っていただけないと、私も困りますので。」

    さすがにデボラどのの要求が通ることはなかった。
    通ったら通ったであれなんじゃが。

    「トンプルどのの苦衷、お察ししますぞ。
     わしはその案で構わんぞい」

    コモンルーンは合言葉さえわかれば、第一階梯の古代語魔法を誰でも使える便利な代物。
    ふーむ、どれを選ぶべきか……わしが使うことは考慮せんほうがええかの。
    しばし考えたのち、ひとつの指輪を選んだ。

    ———————————————–
    PL

    お疲れ様でした。

    経験値:1050+10
    報酬:500+1500ガメル+コモンルーン(カウンターマジック)

    以上受領いたします。

    #2026
    こきん
    参加者

    ルブルムさんごめんなさい!

    いい見せ場、作れませんでした。

    もっと精進せねば・・・

    ルブルムさん解放です。

    これにて、全員解放です。

    こきんGM
     GMポイント1 経験点1000 2500ガメル
    受領しました。

    ありがとうございました!

    またね~!

8件の返信を表示中 - 121 - 128件目 (全128件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。
ツールバーへスキップ