【募集準備】挑戦状01【BBS】

HOME フォーラム 冒険の募集と応募 【募集準備】挑戦状01【BBS】

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にdodoにより4ヶ月、 4週前に更新されました。
  • 作成者
    トピック
  • #3514
    dodo
    参加者

    スマホからなのでとりあえずの告知。

    ダンジョン・アドベンチャーものだけど、スタートは酒場からだからシティ・アドベンチャーも少し?

    後で清書するけど、以下の通り。

    “ゲーム・マスター”。
    遺跡荒らしを得手とする冒険者 ―― 『穴熊』と呼ばれる者 ―― であれば一度くらいは耳にしたこともあるだろう。

    歴史に名こそ刻んではいないが、全ての魔法を極めたという真なる魔術師。
    地下迷宮をよく構築しては、それを蛮族に挑戦させたという奇なる魔術師。
    人を喰った最低な罠、陰険な謎掛けをこよなく愛したという邪なる魔術師。

    遊戯的な要素を多分に盛り込んだ仕掛けに、支配者気取りな対応から名こそ不明なれど、“ゲーム・マスター”の二つ名を冠し、愚者に対しては死をも含んだ暴虐の限りを尽くすという。
    ただし、相応の知恵、知識を持つ者には、それを認め、
    例え、蛮族であろうと親しげに心通わせたとも伝承にはある……。

    ―― そして、現在、時代を経て、古の扉が再び開かれた。

    「でさ、その“ゲーム・マスター”の弟子と目される魔術師が作った地下迷宮を見つけたってわけだ」

    大地妖精も絶賛する火酒が飲める店、火吹き亭の最奥。
    ここらの酒場通りでは珍しい個室にて、「カァー、これだよ、これ」と店で一番高価な火酒を呷っては良い気になっているトムの口からは、意外な名と情報が出てきた。

    いつだったか、ともに依頼をこなしてからは、酒場で顔を合わせる度に杯を交わし、勘定になると財布を落としたなど、様々な理由をもって奢らされつづけたトムをようやく取っ捕まえたことから話は始まる。
    今まで立て替えた分を返せと凄んだところ、「美味しい話があるからそれで手打ちにしてくれ」と泣きつかれ、とりあえずは話を聞かせてもらってからだと言ったのがつい先ほど。
    あれよあれよと火酒を奢るはめになっていた。

    そして結局、胡散臭い情報と引き換えに今までの勘定 + 火酒代を失った君は、それを取り返すためにも冒険者を募り、地下迷宮に潜ることとなる。

    “幼帝”ロニアの玩具箱。
    それが今回、潜る地下迷宮の名だ。

    毎回、ダンジョン・アドベンチャーもので困るのが報酬設定なので参加者の誰かに情報を握らせるので各人と交渉してください。
    今後の参考にします(エー
    個人的には、情報提供するから以下の財宝の取得優先権を得るとかで問題ないと思うのだけど、なにか良い案があったら知りたいところ。

    情報提供者を含んで5人で潜ったところ、財宝を12個得ることに成功。
    情報提供者がまず、1個財宝を選択し、残り11個の財宝から協力者4人が話し合いまたは賽子で順番を決めて1個ずつ。
    それの繰り返しで情報提供者が財宝3個、協力者が財宝2個、残り1個を換金して協力者で等分、あまりが出たら打ち上げ(不足分は情報提供者が補填)とか?

    財宝が人数分なかったりすると情報提供者が圧倒的に有利になりますが、必然的にチーム・リーダーとなって参加者のとりまとめをお願いする形になるので多少の旨味はね?
    立候補で数が多かったり、または誰も立候補しなかった場合は賽子を振って出目が高い人(同値の場合、振り直し)に任せたい。

    【スケジュール】
    謎解き速度に応じて大体、 1週間~ 1ヶ月くらい
    少なくとも 1週間、なにも進展なければ強制進行

    【難易度】
    対象Lv  : 1~10
    必須技能 : Sg ※01
    推奨技能 : Th
    戦闘指数 : 易~並
    思考指数 : 易~至難

    ※01 : 参加者の誰かが下位古代語を読文出来ないと割りと詰む

  • このトピックに返信するにはログインが必要です。