【終了】魔晶石を集めてほしい

HOME フォーラム セッション BBSセッション 【終了】魔晶石を集めてほしい

  • このトピックには107件の返信、4人の参加者があり、最後にオーコにより2週、 3日前に更新されました。
  • 作成者
    トピック
  • #2178
    オーコ
    参加者

    霧が出て暗雲立ち込める昼下がり。
    オランの名物宿、角無しミノタウロス亭に君たちは仕事を求めやってきた。
    「すまないけど、空いている席がねえんだ。相席でいいよな?」と店主のジョージは君たち――ルーリエ、バルバラ、リゼリント――をテーブルに案内する。珍しく混んでいるようだ。

    三人が案内されたテーブルにはすでに男が一人座っていた。
    男が身に着けているものは、どれも上質で趣味が良く、ほどよくくたびれていた。
    「やあ!こんにちは。君たちは冒険者かね?よかったら吾輩の依頼を受けてほしいんだが…どうかね?」
    ニコッと笑った男の口からは何日も磨いていないであろう歯のにおいがした。

    *******************
    オーコ@GMより

    はじめてのGMでつたないところもあると思いますが、よろしくお願いいたします。

15件の返信を表示中 - 91 - 105件目 (全107件中)
  • 投稿者
    返信
  • #2418
    オーコ
    参加者

    >「おひゃよ、…おはようマシーノさん。
    > 今しがた戻ったところだよ、成果は上々だ」

    「おお!それは楽しみだ!」

    現れたマシーノの隣に金髪碧眼の商人風の男が現れたと男の隣には護衛らしき人物2人ついている。マシーノは空いている椅子に座ると隣の男にも着席を促した。

    「リチャードさんもどうぞお座りください。この方は、この町で鑑定士をされているリチャードさん。皆さんのお持ちしたものの鑑定の依頼を受けてきてくれました。」

    「リチャードです。以後お見知りおきを。早速ですが、皆さんのお持ちしたものをお出し願いますか。マシーノさん、マシーノさんは魔晶石をお買い上げになるのですから結構な額になると思います、お金のご用意はされてますか。」

    それを聞いたマシーノはおもむろに子ども一人が入れそうな大きさのカバンを重たそうに持ち上げ、ドンと音を立ててテーブルに置いた。

    「この通り用意してあります。ここまで持ってくるのが大変でしたよ。護衛を2人も付けたんですから。さて、皆さんの成果を見せてください。」

    ***********************************************************************************************
    GMより

    何を見せるかの宣言をお願いいたします。

    #2422

    —————————————————————————————————-
    PLより
    とりあえず魔晶石全部と手に入れたもの一式見せて評価してもらうでいいですかね?

    #2423
    リゼリント
    参加者

    発見したものをどうするか一通り決めてから、王都への帰路につく。
    道中は何事もなく、一月ほどの旅は無事に終えることができた。
    待ち合わせ場所の角無しミノタウロス亭で軽食を摂りながらマシーノさんを待つことに。

    >「おひゃよ、…おはようマシーノさん。
    > 今しがた戻ったところだよ、成果は上々だ」
    >「おお!それは楽しみだ!」

    しばらくすると、マシーノさんは三人の男性と共に現れた。

    >「リチャードさんもどうぞお座りください。この方は、この町で鑑定士をされているリチャードさん。皆さんのお持ちしたものの鑑定の依頼を受けてきてくれました。」
    >「リチャードです。以後お見知りおきを。早速ですが、皆さんのお持ちしたものをお出し願いますか。マシーノさん、マシーノさんは魔晶石をお買い上げになるのですから結構な額になると思います、お金のご用意はされてますか。」

    なんとも気が早いというか何というか。
    あたしたちが何の成果もなしに戻ってくる、なんてことは微塵も思わなかったのかなあ……

    「よろしくお願いします。
     まずは魔晶石ね。見つかったのは八個で、蓄えられてる魔力はまちまち。
     魔法のスクロールは第二階梯にある木の従者を生み出すもので……」

    とりあえず魔晶石と魔法のスクロールから提示してみますか。

    ———————————————–
    PL

    お値段がおおよそわかっているものは見せてみますか。

    #2425
    オーコ
    参加者

    リチャードは皆さんが持ち帰った魔晶石などを鑑定し終えた。

    「いやあ、これほど多くの魔晶石を一度に鑑定したのは初めてですな。しかもどれも質が良い。
    …マシーノさんこれは20万ガメルは下らないですぞ。本当に大丈夫ですかな。」

    マシーノは困った顔をして、答えた。

    「いやぁ、参りましたな…このカバンの中には12万ガメルしかない。
    これ以上は厳しいんだが……申し訳ないがこの値段で買い取らせてくれないかな?」

    「店の開店で思ったより金がかかってしまいましてね、資金が心許ないんですよ。皆さんが良ければ今後うちの店で買い物するときは安くするから、今回のこれらは12万で譲ってくれないですか?」

    マシーノはテーブルに頭を擦り付けるように深々と皆さんに頭を下げてお願いした。

    ****************************************
    GMより

    これでオーケーなら次で終わりにしたいと思います。長々とかかってしまって申し訳ありません。

    #2426

    >「店の開店で思ったより金がかかってしまいましてね、資金が心許ないんですよ。皆さんが良ければ今後うちの店で買い物するときは安くするから、今回のこれらは12万で譲ってくれないですか?」

    うーん……と、とりあえず腕を組んで考えてますポーズをとる。

    鑑定士のリチャードさんが見る所、適正な価格をしっかりつけるなら200000ガメルはくだらないという。
    しかし、依頼人のマシーノのポケットには、120000ガメルしかない。
    それで買い取れる分だけ買い取ればいいと思うが、マシーノにしてみれば、これは依頼の成果であるから他所に譲るのは控えたいんだろうな。
    開店にあたって準備金が掛かってしまった件はさておき、他所に今、魔晶石が流れれば、新しく開店するのに競争相手を作ってしまうようなものだ。
    それでは需要を見込んで物を売り出そうとするマシーノは出鼻をくじかれることになる。
    だからこそ、適正を割り込む価格で買い取りたい、その対価は、これから私達が、お店を利用するたびにちょっと贔屓してくれるかも、って見込み、か。

    (私は構わないんだけどな)

    こっちに来て、しばらく経つけどあまり商売屋とのツテは出来てないし。

    (ただそれだけじゃ、なんかな)

    ……そうだ、こういうのはどうだろう。

    「一部を、”キープ”ってことに出来ないかな。
     魔晶石は全部預けるけど、その中で一番大きな奴は結構な値がするはずだろう?
     それは基本的に売らないで、客寄せ用にしといてもらう」

    こんなに綺麗な色の、オパールのような煌めきだ、目を引くだろう。
    でも同時に、そうやすやすと手が出せる代物でもないんじゃないかな。

    「それで、私達が必要になった時に、それをいつでも借りだせるって扱いにする。
     これでどう?それならその額面で私は納得できるよ」

     マシーノにそう提案してみた。

    Agrumesより

     最後の最後にこんな提案してみる(空気詠み人知らず。
     
     隣で200000言われてるのが、目の前で120000になったら、……ね?
     ボトルキープの店有利版みたいな(何をいってるのやら
     

    #2428

    >「店の開店で思ったより金がかかってしまいましてね、資金が心許ないんですよ。皆さんが良ければ今後うちの店で買い物するときは安くするから、今回のこれらは12万で譲ってくれないですか?」

    確かにオランに店を出すとなるとそれ相応に資金がかさむでしょう。
    魔晶石だけが商品というわけではないでしょうし。
    規定価格の約半額、さらに店の割引付きなら・・・

    > 「一部を、”キープ”ってことに出来ないかな。
    > 魔晶石は全部預けるけど、その中で一番大きな奴は結構な値がするはずだろう?
    > それは基本的に売らないで、客寄せ用にしといてもらう」
    >「それで、私達が必要になった時に、それをいつでも借りだせるって扱いにする。
    > これでどう?それならその額面で私は納得できるよ」

    バルバラさんが以上のように提案を述べています。

    「うーん・・・マシーノさん質問ですけど魔晶石以外にもマジックアイテムを仕入れていたりします?
     実は今回の報酬によって購入を考えている品物があったんですが、もし商品にあったとしてどの程度値引きしてくださいます?
     割引の度合いによっては私は提示値段でも問題ないのですが・・・」

    買うものいかんによって報酬以上のメリットがあるかもしれないですしこれだけは確認を取っておきたいですね。

    —————————————————————————————————-
    PLより
    とりあえず魔晶石全売りで12万はほぼ半額(数千ガメル程度目減り)ですが、
    割引率と買うもの次第で報酬を上乗せできるかな?
    魔槍とか防御用のアクセとか買えばそれなりのお値段になりますが4万まるっと使う計算で2割引きなら8千ほど上乗せした計算になりますし。

    ちなみに私はソーサラーワンド(必要筋力2、片手持ちのソのーサラースタッフ)6万+こまごまとしたアクセを売っていれば購入したいと考えています。

    #2432
    リゼリント
    参加者

    >「いやあ、これほど多くの魔晶石を一度に鑑定したのは初めてですな。しかもどれも質が良い。
    > …マシーノさんこれは20万ガメルは下らないですぞ。本当に大丈夫ですかな。」
    >「いやぁ、参りましたな…このカバンの中には12万ガメルしかない。
    > これ以上は厳しいんだが……申し訳ないがこの値段で買い取らせてくれないかな?」

    適正価格で買い取るには、マシーノさんの資金が不足している様子。
    彼が持ってきた情報があったからこそ魔晶石は見つけられたのだから、
    買い取り価格にそのあたりを考慮してもいいかな。

    「マシーノさんの地図があったから魔晶石は見つかったのは確か。
     でも、出てきた追い剥ぎを追っ払い、銅で作られた巨大な像の守りを突破して
     持ち帰ってきたあたしたちの働きあってこそとも言える」

    とはいえ二つ返事で値引きを受け入れると、次回の取引でも大丈夫だと思われかねないので
    見つけて持ち帰るまでの苦労話を披露しながら、もったいつける。

    >「一部を、”キープ”ってことに出来ないかな。
    > 魔晶石は全部預けるけど、その中で一番大きな奴は結構な値がするはずだろう?
    > それは基本的に売らないで、客寄せ用にしといてもらう」
    >「それで、私達が必要になった時に、それをいつでも借りだせるって扱いにする。
    > これでどう?それならその額面で私は納得できるよ」
    >「うーん・・・マシーノさん質問ですけど魔晶石以外にもマジックアイテムを仕入れていたりします?
    > 実は今回の報酬によって購入を考えている品物があったんですが、もし商品にあったとしてどの程度値引きしてくださいます?
    > 割引の度合いによっては私は提示値段でも問題ないのですが・・・」
     
    バルバラちゃんは一番魔力の込められた魔晶石のレンタル、ルーリエちゃんは割引適用が希望みたい。

    「魔晶石を借りられるのも魅力的だけど、あたしは魔法が使えないし、
     ルーリエちゃんと同じ条件でお願いしようかな」

    ———————————————–
    PL

    必筋6の魔剣+1or+2、クイックネス・リングといった魔法の品があれば購入したいところです。
    魔法の鎧も欲しいけど、軽いやつは値が張る……

    #2453
    オーコ
    参加者

    >「一部を、”キープ”ってことに出来ないかな。
    > 魔晶石は全部預けるけど、その中で一番大きな奴は結構な値がするはずだろう?
    > それは基本的に売らないで、客寄せ用にしといてもらう」

    「もちろん、よろしいですよ。ただ客寄せとして使うので、普段はお店に置かせていただくよ。それでも良ければだけど・・・。」

    >「それで、私達が必要になった時に、それをいつでも借りだせるって扱いにする。
    > これでどう?それならその額面で私は納得できるよ」

    「いいよ、分かった。その時はいつでも言ってほしい。連絡をくれればすぐに貸し出すよ。」

    >「うーん・・・マシーノさん質問ですけど魔晶石以外にもマジックアイテムを仕入れていたりします?
    > 実は今回の報酬によって購入を考えている品物があったんですが、もし商品にあったとしてどの程度値引きしてくださいます?
    > 割引の度合いによっては私は提示値段でも問題ないのですが・・・」

    「マジックアイテムか・・・。今のところいくつか仕入れるつもりだよ。入荷はまだだけど、お店に入ったら追って連絡するよ。値段はお店で売られている額の半分でいいよ。ここに連絡先を書いておくよ。」

    マシーノはテーブルにお店の住所を書いたメモを置いた。

    「では、交渉成立ということでいいのかな。」

    **************************************************************

    GMより

    問題なければ、これでおしまいにしようと思いますが、いかがでしょうか。

    #2457

    —————————————————————————————————-
    PLより
    とりあえず〆の宣言をするなら経験値の計算と明確な報酬の提示がGM側からいただきたいです。
    今回の場合
    経験値:???
    報酬:40000ガメル(売却分頭割)&半額購入の権利
    また交渉の結果、明確に買い物ができるかどうかの回答も明示してくれないと返答がし辛いですね。
    全体的にPLの質問に対してある程度しっかりと答えておいていただかないとPL側も判断が下せないので、
    そのあたりを少ししっかりした方が全体の進行がスムーズになるかなと思います。

    約24万が売却価格じゃなくて購入した場合の金額ってのがみそですね。基本的に売却は半額
    (今回の12万は微妙に少ないけど割と妥当)
    使うと価値が一気に下がりますし、下手を打つと買い叩かれるのであまりうまみがない、
    そのお金で武器か回復薬買った方が幾分お得かな?
    消耗品に使うより常備的に使う装備に回してそこを固めた方が有益なのよ・・・どこぞの金持ちパーティじゃないんだから。

    とりあえず今回の報酬で二人に1200ずつ渡して解毒の指輪とスクロールの引き取りを私から提案しておきます。

    #2461
    オーコ
    参加者

    紅月さん
    アドバイスありがとうございます。
    確かに回答が不明確でありました。申し訳ありません。
    セッションを締めてから言おうと思ったのですが、はじめての不慣れな進行や回答で大分不便やもどかしく思われたと思います。
    次のセッションの募集をかけている方もいらっしゃいますし、ここは早急に締めようと思います。
    ******************************************
    「では交渉成立ということで……。私は一端お店に戻ります。もしマジックアイテムがご入用なら是非私のお店に来てください。約束通り店に提示している額の半額でお譲りいたします。魔晶石もいつでも貸し出しいたしますよ。では、私はこれで…。」

    マシーノは金貨の入ったカバンをテーブルに置き、代わりに魔晶石を詰めたカバンを持って付き人の冒険者と共に出ていってしまった。

    マシーノが出ていって数分後、君たちがマシーノのカバンの中身を確認しようと思ったところ、全身黒ずくめの男ツヴァイが入ってきた。
    ツヴァイは君たちを見つけると慌てて近寄り言った。

    「やっと見つけた!あんたらの依頼主は?どこにいる?」

    ツヴァイは周りをキョロキョロと見回し状況を確認し、何かを悟ったのか落ち着いた声で言った。

    「あんたらの依頼主な、マシーノって言ったか、俺の祖国で反乱を企てた貴族の1人だ。本当の名前はヴィットーリオ。祖国にいられなくなって、ここまで逃げてきたんだが…一歩遅かったか…。」

    ぼうっと聞いていたリチャード、はっと我に帰るとカバンの中を急いで確認し、一言。

    「やられた……」

    「冒険者の皆さん。大変申し上げにくいのですが、このカバンに入っている金貨ですが、これは偽物です。いや本物も混ざっていますがほとんどが金と他の金属の混ぜ物です。もう少し確認の必要がありますが、たぶん10分の1ほどの価値しかないと思われます。
    私が横にいながら申し訳ありません。」

    リチャードは君たちに深々と頭を下げた。

    ツヴァイは君たちに言った。
    「あいつが何を企んでいるか分からないが、あんたらは利用されたみたいだ。まぁ被害が無かったから良かったが…その報酬は正当な額とは言えないが、もらっておくと良い。10分の1とはいえ結構な額はあると思う。
    …じゃあ俺は奴を追いかけるから、それじゃあな。」

    ツヴァイはそう言うと店から出て行ってしまった。

    *****************
    GMより

    このままセッションを長引かせても、皆さんの迷惑になりますし、申し訳ありませんので、ここで無理矢理締めようと思います。
    ここまでお付き合い頂きありがとうございました。
    一応キャンペーンで考えていたのですが、もっとよく練ってからまた出直します。

    それぞれに報酬として
    経験値1100+ピンゾロ
    報酬金4500をお受け取りください。

    マジックアイテム、スクロールは売ったことにしてください。
    研究資料は町の図書館に預けていることにしてください。

    受領の確認をしたら解放します。

    みなさんお疲れ様でした。

    #2462

    この依頼の顛末を一言で言うなら。

    「やられたあ」

    人を見る目を養わないとな……とほほ。

    Agrumesより

    経験値1100
    報酬金4500 

    受領します。
    いやーなるほど、そういうオチだったかー。
    たぶん店とかは実際にはないし、魔晶石も別の用途で扱うんだろうね。
    陰謀の香りの端っこで便利な手足にされた冒険者……いや私達。
    でもそういうのもよくあるよね、冒険者って身分なら。

    お疲れさまでした。
    あまり積極的に参加できてなくて申し訳ない。
    最後の展開は結構すきでした。

    #2464
    オーコ
    参加者

    *******************
    バルバラさんの受領を確認しました。
    バルバラさんのキャラを解放します。

    Agrumesさん

    ありがとうございます。
    そう言っていただけると嬉しいです。
    次回はもっと楽しめるよう、よく練ってGMやらせていただきますね。
    機会がありましたらぜひご参加下さい。

    #2469
    リゼリント
    参加者

    >「では交渉成立ということで……。私は一端お店に戻ります。もしマジックアイテムがご入用なら是非私のお店に来てください。約束通り店に提示している額の半額でお譲りいたします。魔晶石もいつでも貸し出しいたしますよ。では、私はこれで…。」

    商談は成立し、マシーノさんは護衛と一緒に去って行った。

    「お疲れさまー♪
     依頼は無事終了、懐もかなり暖かくなったことだし、打ち上げはちょっと豪勢に……」

    などと提案したところに、遺跡に向かう道中で出くわしたツヴァイさんがやってきた。

    >「あんたらの依頼主な、マシーノって言ったか、俺の祖国で反乱を企てた貴族の1人だ。本当の名前はヴィットーリオ。祖国にいられなくなって、ここまで逃げてきたんだが…一歩遅かったか…。」
    >「冒険者の皆さん。大変申し上げにくいのですが、このカバンに入っている金貨ですが、これは偽物です。いや本物も混ざっていますがほとんどが金と他の金属の混ぜ物です。もう少し確認の必要がありますが、たぶん10分の1ほどの価値しかないと思われます。
    > 私が横にいながら申し訳ありません。」

    急転直下というべきか、得られる報酬は十分の一くらいになっちゃった。

    「やられたわねえ……
     多くの真実のなかに、ほんの少しだけ嘘を混ぜる。まさにセオリー通りだったわ」

    追いかけたりすると、国のごたごたに首を突っ込むことになりそう。

    「魔晶石を集めてたのは、再起のための資金稼ぎ……とは考えにくいかな。
     貨幣より持ち運びは楽だけど、換金効率がいいわけでもなし、出所も限られるから足が付きやすいし。
     そうなると……自分たちで使うため、か」

    とはいえ、やられっぱなしというのも気が済まないので、自分の考えをツヴァイさんに言っておく。

    >「やられたあ」

    任務へと向かうツヴァイさんを見送ってから、肩を落すバルバラちゃんに声を掛ける。

    「ちょーっと苦い酒になりそうだけど、打ち上げといきましょっか。
     無事で終えられたことは喜ばなきゃ、ね♪」

    ———————————————–
    PL

    お疲れ様でした。

    経験値:1100
    報酬金:4500ガメル

    以上受領します。

    遺跡のことがあるのでこっそり行動するのを優先したのですが、
    依頼人について盗賊ギルドで情報収集しておくべきだったか……

    #2474
    オーコ
    参加者

    *******************
    リゼリントさんの受領を確認しました。
    リゼリントさんのキャラを解放します。

    定俊さん

    次回はもっと楽しめるよう、よく練ってGMやらせていただきますので、機会がありましたらぜひご参加下さい。

    #2477

    >「では交渉成立ということで……。私は一端お店に戻ります。もしマジックアイテムがご入用なら是非私のお店に来てください。約束通り店に提示している額の半額でお譲りいたします。魔晶石もいつでも貸し出しいたしますよ。では、私はこれで…。」

    売却も成立して一安心です。報酬も手に入りましたし・・・

    >「お疲れさまー♪
     依頼は無事終了、懐もかなり暖かくなったことだし、打ち上げはちょっと豪勢に……」

    >「あんたらの依頼主な、マシーノって言ったか、俺の祖国で反乱を企てた貴族の1人だ。本当の名前はヴィットーリオ。祖国にいられなくなって、ここまで逃げてきたんだが…一歩遅かったか…。」
    >「冒険者の皆さん。大変申し上げにくいのですが、このカバンに入っている金貨ですが、これは偽物です。いや本物も混ざっていますがほとんどが金と他の金属の混ぜ物です。もう少し確認の必要がありますが、たぶん10分の1ほどの価値しかないと思われます。
    > 私が横にいながら申し訳ありません。」

    >「やられたわねえ……
    > 多くの真実のなかに、ほんの少しだけ嘘を混ぜる。まさにセオリー通りだったわ」

    >「やられたあ」

    詐欺られたというわけですか。となると・・・

    「・・・なるほど、これはこちらでも手配をかける必要がありますね。」

    他国でのテロ未遂者が国内にいることも問題だが貨幣偽造、詐欺、ギルドを通していなければ表からも裏からも狙われる理由満載です。

    「変装していたかもしれないですが特徴はありましたし・・・追跡してみますか…。」

    試しにロケーションの魔法で追跡をかけてみるが果たして…_?

    >「ちょーっと苦い酒になりそうだけど、打ち上げといきましょっか。
    > 無事で終えられたことは喜ばなきゃ、ね♪」

    「追跡に失敗したら、そうしましょう。
     成功しましたら、ちょっとお仕置きしてきます。」

    —————————————————————————————————-
    PLより
    経験値:1100
    報酬金:4500ガメル

    出費:1602ガメル

    収支:+2898ガメル

    報酬受領です。
    次があれば追跡して回収しよう。

    PS.
    次GMやるときは最初の投稿は参加PCの一覧とNPCのまとめにしておくと参照が楽になると思います。

15件の返信を表示中 - 91 - 105件目 (全107件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。