エレミアの地で(6/8:エレミア)

HOME フォーラム セッション 日常日記 エレミアの地で(6/8:エレミア)

  • 作成者
    トピック
  • #1183
    早起き三文
    参加者

     エレミアは職人の国である。所狭しと様々な品物が軒を連ね、砂漠国家でもあるエレミアの熱い風がなお一層、強く人々を撫で付ける。

    「兄貴なら、この剣の価値も解るのかも知れないけどな……」

     その野外で吊るされている武器防具については、ちょっとした権威でもあるラディ少年の「兄貴」は、しかし今は彼の近くにいない。少年が聞く所によると、別の異国で傭兵として働いているようだ。

    「おい、ラディ坊主!!」
    「な、なんだいオッサン!?」
    「ほらよ、受けとれ!!」

     村から出るときにラディがここまで護衛した商人、その彼がそう怒鳴りながら、小さな巾着を彼ラディにと投げ渡す。

    「……いいのかい、これ?」

     その巾着の中には幾枚かの銀貨、ここまでの道中で狼に襲われてしまった彼を、偶然にも助けたラディに対する礼だとでもいうのかもしれない。

    「エレミアのギルドにどやかされずにすんだからよ……」
    「へえ……」
    「エレミアのギルドは厳しいんだ」
     
     そう言いながら、銀細工を扱っている商人の男はその太った身体を傾けながら、ラディの肩をポンとその手で叩いてみせる。

    「ノルマノルマ、品質管理コストを下げろってね」
    「そうなのかい……」
    「あーあ、俺も」

     商人はそう言いつつ、わざとらしい生あくびをしてみせ、天に高く登った太陽をじっと睨み付けた。

    「冒険者になれればなあ……」
    「冒険者だって辛いとおもうぜ?」
    「言うのか、素人が?」
    「フン……」

     そう、微かな嫌みを言った後にその身体をラディから遠ざけていく商人、彼の姿へラディは一つ頭を下げた後。

    「ふぅん、サボテンジュースね……」

     近くの屋台、そこから立ち上る煙と香しい果実の薫りにその鼻をひくつかせる。

    「せっかくのあぶく銭だ、ウン」

     ジュ……!!

     旨そうな肉の焼ける匂い、それに自らの腹が耐えられなくなったラディは、彼の赤い短髪をかきあげながら。

    「オッサン、鳥の焙り肉一つとサボテンジュース!!」
    「あいよ!!」

     砂が撒かれた地面、その上でブーツを踏み鳴らす。

  • このトピックに返信するにはログインが必要です。
ツールバーへスキップ