【終了】ロマール貴族の嗜み

HOME フォーラム セッション BBSセッション 【終了】ロマール貴族の嗜み

  • このトピックには211件の返信、6人の参加者があり、最後に寿により9ヶ月、 1週前に更新されました。
  • 作成者
    トピック
  • #1321
    寿
    参加者

    【参加PC】
    ■ラディ@早起き三文さん セッション離脱  
    ファイター2/レンジャー1/ファーマー3

    ラディ

    ■レイチェル@玉鋼さん      
    シーフ2/シャーマン1

    レイチェル【Lv2】

    ■ゾイ@こきんさん      
    ファイター5/セージ4/ソーサラー3/レンジャー1

    “血まみれの” ゾイ

    ■ルーリエ@紅月さん      
    ソーサラー4/セージ3/シーフ2/レンジャー1/バード1

    ルーリエ=ルクス

    ■ジュノー@定俊さん      
    ファイター4/プリースト(ガネード)4/セージ4/レンジャー4/ファーマー3

    ジュノー

    【会議室】

    「ロマール貴族の嗜み」会議室

    【NPC】
    ■ロバーツ:男爵の侍従。
    ■フランキッティ男爵:依頼人。ロマールの貴族。
    ■タイ子爵:ロマールの徴税官。引退予定。後任の推挙の人選に迷い中。
    ■タヴェルニエ男爵:フランキッティ男爵のライバル。
    ■コンティ商会:ファンドリアの貿易商ギルドに所属する商会。闇市に支店がある。
    ■ハチェット:ユニコーンの角所持者?剣闘士上がりの元冒険者。一攫千金当てて今は大富豪。生死不明?

15件の返信を表示中 - 31 - 45件目 (全211件中)
  • 投稿者
    返信
  • #1434

    戦いぶりは依頼人の眼鏡にかなうものだったらしく、晩にディナーの席に招かれました。
    流石貴族というだけはあって内容は豪華なものです。
    慣れない席ではあるのでテーブルマナーに苦心しつつ、依頼の話を伺うことにことになりました。

    >「まずは見事だった。これなら安心して依頼を任せる事が出来るというモノだ。」

    「恐れ入ります。」

    探し物というのはユニコーンの角、しかも内包精神の高いものとのことだです。
    傷の治療は元より、病気、毒の治療、余剰次第では死者の蘇生も可能な品ですが、
    一般的な国ではご禁制の品であり、金銭取引で入手が可能なのはおよそロマールの闇市くらいでしょう。

    >「だが安物では困る。なるべく最高級の物でなければ意味がない。
    > 何としても手に入れてくれ。頼んだぞ。」
    >「だが安物では困る。なるべく最高級の物でなければ意味がない。
    > 何としても手に入れてくれ。頼んだぞ。」

    >「なぜ、最上級にこだわるんだ?嗜好品として見ているだけなのか?
    > 誰か助けたい人がいるのか?教えてはくれないか?」

    「品物が品物ですから私も気になります。
     もちろん、口にしづらい内容でしたらそれ以上詮索はしませんが・・・」

    藪蛇をつつくという言葉もありますし余計な詮索はしないほうがいい場合もあります。
    コレクションなどの理由ならあえてスルーするのも手ではあります。

    >「探す方法はお任せします。蛇の道は蛇、皆さんの方が専門家でしょうから。
    >皆さんが見つけたら、私が購入します。」

    確かに、精霊使いのレイチェルさん、
    私含め3人はそれなりに知識もあるので良品を見極めるには適しているとは思います。
    経費が落ちるなら盗賊ギルドを頼るのも悪くはないでしょうし・・・。

    >「具体的には皆さんには、
    > 最高級品質のユニコーンの角を探して購入の段取りを付ける事。
    > 私と私が持つ購入資金の護衛。
    > この二つの仕事をお願いする事になります。」

    「わかりました。皆さんもよろしいですよね・・・?」

    ***

    後日、店舗を回ってみたものの・・・

    「やはり、なかなか見つかりませんね・・・・」

    当たり前の話だがユニコーンの角の品質は奪取したときの本体の精神力に依存する。
    無理やり奪おうとすれば無論摩耗は避けられず、
    毒なども効果がないため抵抗されず無傷のものを手に入れるのはかなり難しい。

    「とりあえず北方から商品を仕入れている店をあたりましょうか?」

    あまり関わるとろくなことがなさそうな部類ですが、
    密輸ルートとしてはファンドリア方面からが堅そうなんですよね・・・

    「できれば大手のところなどがあれば可能性も高い気がするんですが・・・」

    ————————————————————————————————
    PLより
    全員で護衛しながら探すか、護衛と探索で半々に分けるかちょと考えどころですかね?

    23:37:07 紅月@ルーリエ ≫ 知識判定ユニコーン 2d6+6 <Dice:2D6[5,6]+6=17>
    23:37:20 紅月@ルーリエ ≫ 予備ダイス 6d6 <Dice:6D6[4,4,6,1,3,1]=19>

    #1437
    ジュノー
    参加者

    >「まずは見事だった。これなら安心して依頼を任せる事が出来るというモノだ。」

    腕試しがなんとか終わり、依頼人であるフランキッティ男爵からディナーに招かれた。
    お眼鏡に適ったのはいいとしても、
    改めて告げられた依頼は最高級のユニコーンの角を入手するというものだった。
    さすがにユニコーンを狩って角を切り取ってこいとか言われたら即断るところだけど、
    ロマール名物の闇市で見つけてくるということなので多少は気が楽かな。

    >「具体的には皆さんには、
    > 最高級品質のユニコーンの角を探して購入の段取りを付ける事。
    > 私と私が持つ購入資金の護衛。
    > この二つの仕事をお願いする事になります。」

    そうなると、優先すべきは侍従のロバーツさんと所持しているお金を守ることかな。
    最高級品質のユニコーンの角が見つからないのは謝罪して済むとしても、
    購入資金を盗まれたりしたら大事になりそうだ。
    男爵がお金に頓着しないタイプなら別だけど……

    >「探し物は戦うわけじゃあないからね!  私が一番に見つけたげるッ!」

    レイチェルさんが勢いよく駈け出して、露店を順に調べていく。

    >「やはり、なかなか見つかりませんね・・・・」

    いくつも店を見て回り、ユニコーンの角そのものは何本か見かけたものの、
    最高級品質といえるものはなかった。

    「最高級品質のものがないのか、あっても店先に展示してないのか……
     そのあたりを探るのが先決ですね」

    ここに最高級品質のものがないなら、いくら探しても無駄足になるし。

    ———————————————–
    PL

    #1438
    寿
    参加者

    >「なぜ、最上級にこだわるんだ?嗜好品として見ているだけなのか?
    >誰か助けたい人がいるのか?教えてはくれないか?」

    「その両方だ。」

    フランキッティ男爵が答えた。

    >「品物が品物ですから私も気になります。
    >もちろん、口にしづらい内容でしたらそれ以上詮索はしませんが・・・」

    ふーむ、としばらく考えた後、男爵が口を開く。

    「いや聞いておいてもらった方が良いだろうな。
    この度、徴税官のタイ子爵が引退する事になり、
    私が後任に内定していたのだが・・・」

    男爵が渋い顔になる。

    「忌々しくも我が政敵が横やりを入れてきおってな。私の座を狙っておるのだ。」

    ロバーツが話を引き継ぐ。

    「タイ子爵ご夫妻は、大の甘党でして。
    ご主人さまを後任に推挙して頂く礼として、方々に伝手を使いまして、
    最高級ショコラのオーカー・シャインというものを東方の商人から入手して
    お贈りする予定だったのですが・・・」

    男爵が忌々し気に呻く。

    「横取りされたのだ!にっくきタヴェルニエ男爵に!
    商人を買収して、三割増しの値段で買い取り、それをタイ子爵に贈ったのだ。」

    「タイ子爵は大層喜ばれまして、
    徴税官の後任に誰を推挙するかについても考え直すと。」

    とロバーツ。

    「このままではにっくきタヴェルニエの後塵を拝する事になってしまう!
    なんとか、オーカーシャインを上回る贈り物をせねばならん!
    そこでユニコーンの角だ!」

    男爵に続けてロバーツが補足する。

    「タイ子爵夫人は病弱で昨年来、病床に臥せりがちとの話を仕入れまして。
    司祭に祈祷を頼んだようですが病をいやすには至らなかったようです。
    そこで薬を探していた所、ユニコーンの角の情報を仕入れたのでございます。」

    「安物では困るぞ。最高品質のモノを頼む。
    価値ある珍品であり万病を癒す魔法の品。
    使用後、所持してるというだけで箔が付くし、
    病弱な細君が病に臥せった時にまた使用する事も出来る。
    これを入手して、タイ子爵に贈れば喜ばれる事間違いなし!」

    「だが油断はできぬのだ!タヴェルニエにショコラを横取りされたのは、
    奴が冒険者を雇った為だ!君達の動きが知られたら
    妨害してくるか、横取りしてくるか分かったものではない。
    その為の腕試しだったのだ。頼んだぞ!」

    男爵は君達を激励する。

    >「一つ、聞きたいんだが、
    >こういった魔法の物品の仕入れルートをわかる範囲で教えてくれないか?
    >一例でいいんだが。
    >まあ俺達冒険者が、遺跡の中で見つけて、商人に売った流れは知っているんだが。
    >他のルートがあれば・・・それを俺達で探せって事か?
    >ユニコーンを倒して角を切り取る事はなるべくなら避けたいが・・・」

    「実は幾人かの商人に仕入れを相談してはおりますが、
    良い話はまだ入ってきておりません。」

    ロマールでは合法だが、ラムリアースでは違法で取り締まりも厳しい。
    入荷するのを待っていては、望みが薄いとの事だ。

    >「とにかく、高いユニコーンの角売ってる人を探したいんでしょ?
    >まっかせてよ!  探し物は得意なんだから」

    「うむ、頼りにさせて貰おう。」

    >「このご馳走のお礼になるくらいは働くからさ!くひひひ♪」

    「うむ、成功した暁には、さらにご馳走を用意して宴を開いてやろう。」


    >「とりあえず北方から商品を仕入れている店をあたりましょうか?」

    ルーリエの言に従って、店を訪れる。
    いくつかの店の中で最も高額なユニコーンの角を飾っていた。

    >「これがユニコーンの角……. はじめてみた!!
    >こんなきれいなんだぁ……」

    「いらっしゃい。へへ、安くしておくぜえ・・・」

    >「ねぇ、これさわっていい?……いやっ、盗むわけじゃあないよ!?」

    「おっと触るなら金を払ってからにしてくれよ。」

    触った瞬間に魔法を使用することも出来てしまう以上、これは当然だろう。

    ユニコーンの角についての情報を聞くと
    店主は警戒したが、
    ゾイが、マジックアイテムを買い求めた事で口が滑らかになったようだ。

    「最高級品質?うちにあるのだって闇市に出回る中じゃかなり上物だぜ?
    これ以上のモノとなると、普通は闇市に出る前に売買されてるんじゃないか?」

    「可能性があるっってんならあそこかなあ?コンティ商会ってんだが。」

    ファンドリアの貿易ギルドに所属する商会の支店を教えて貰った。

    「まあ情報が欲しいってんなら、情報屋を当たった方がいいと思うぜ。」

    早い話が、盗賊ギルドに当たれという事らしい。

    寿@GMより______________________________

    皆さん、2d6を1回振ってください。

    ルーリエが知識判定に成功。皆さんユニコーンの情報p209知っていいです。

    ゾイはダイオブミニマムフォー、キャラシに記入して金額減らしといてください。

    >高い値段で売っているユニコーンの角を探せばいいのかな?
    いや高額のユニコーンの角ではないですw 最高級品質の物です。

    >闇市なら平気でぼったくりとかありそうだけど…….
    ありますよw
    センスオーラを宣言するなら、
    店頭に飾ってあるユニコーンの角のうちいくつかは、
    生命の精霊力を感じない偽物だとレイチェルには分かりますw

    >品質の鑑定が必要だとしたら、従者のプロがやってくれるんですかね?
    これもPCのお仕事です。p127セージの宝物鑑定です。
    ただしシャーマンのレイチェルに限って、このセッションでは特別に
    シーフ技能での宝物鑑定(p124)も可にします。
    センスオーラを併用出来るという事で、達成値に+3ボーナスがつきます。
    頑張れ!

    >きっと、GMの想定してないことだろうし、答えを聞いてもうま味なさそうだし!)
    GM慣れてない人への気遣いはあり難いですが、
    私に関してはそう言う配慮は一切無用なので気にせずに。

    >店頭でみつけた安値のユニコーンの角からは、
    >生命の精霊の力を感じることはできますか?
    センスオーラを宣言すれば、感じられます。

    >ユニコーンの角から生命の精霊の”におい”をたどることはできますか?
    厳密にルールを解釈すると本来これは出来ません。
    今回は特別ルールで、
    レイチェルの捜索や宝物鑑定には全て+3ボーナスがつきます。

    ■ダイス・オブ・ミニマムフォー
    5000ガメル
    使い捨て。成功ロール時に使用し、一回だけ
    一つのダイスの出目を反転し4・5・6に変更できる。

    #1441
    レイチェル
    参加者

    >「可能性があるっってんならあそこかなあ?コンティ商会ってんだが。」

    買い物ついでにさらりと情報を聞き出す好青年を見て、ぷくりと頬をふくらませた
    「……ゾイってなんでもできちゃうんだ
     剣は強いし、人との駆け引きも上手だしさぁ…….」

    ビシッと指差して宣言する
    「次のとこはわたしが手がかり見つけるもんねっ
     負けないんだから!」

    ばっと駆け出すと、みんなに手を振りながら声だけを置いていく
    「わたし、道を聞いてくる!  
     コンペイ糖会だっけ?   探してくるからーーぁッ!」

     * * *

    次の目的地へと歩きながら、情報を得る方法に思考を巡らせる
    「ふつーに聞いたり探したりするだけじゃあ見つからなそうだなぁ~
     ゾイのマネ…….は、お金がなくてできないし
     でも、どうやったらいい話を聞き出せるんだろう」

    足りない知恵では何も出てこなくて、深いため息をもらす
    「はぁ~……. 家の中なら、ノームと一緒に探せるのに
     商会の中にはノーム住んでないのかなぁ」

    >(実は幾人かの商人に仕入れを相談してはおりますが、
    良い話はまだ入ってきておりません。)

    使用人のロバーツが、口にしたことを思い返す
    「……もしかして、普通のお店には売ってないのかな
     大きなお店ならきっともう、公爵さんが聞きに行ってるよね?」

    >(まあ情報が欲しいってんなら、情報屋を当たった方がいいと思うぜ。)

    「ジャムの道は蛇って、、、 やっぱり盗賊ギルドに聞きに行った方がいいのかなあ」
    そこまで自分で思ったものの、眉間にしわを寄せる
    「でも、あいつらには頼りたくないし…….. 
     だって、ろくでなしばっかだもん
     きっと、めちゃくちゃな値段でいらない情報を売られちゃう!」
    ろくでもないのはわたしも含めて、だけど

    財布をひっくり返してみて、しゃかしゃかと流れ出る銀貨や銅貨を一枚づつ数えてみる
    「500ガメルも持ってないや…… これじゃあ大したことも聞けないだろうし」

    _________________________________
    PL玉鋼より
    ハイパー独り言タイム
    無視してもいいですし、最初から盗賊ギルドへ向かうことにしていてもいいです。***以下の「次の目的地」の場所は濁していますが、まあ商会へ向かうことにみんなが賛同した(振り回された)ことを想定してます。
    商会で向かう途中で「やっぱり……」って目的地を変更してもいいですしね

    レイチェルは商会へ向かうことに一票

    でもここまでGMが誘導してくれてるってことは、盗賊ギルドへ向かうことが正規ルートなのではないかと思ってしまう(メタ推理)
    盗賊ギルドって救済措置のようにも思えるんですけどねぇ…… でもカードワースなら情報屋にお金を払うことが前提のシナリオもあったしなあ 難しい

    皆さんはどうですかね? 

    #1445
    ゾイ
    参加者

    俺はダイス・オブ・ミニマムフォーを購入し、その商人に最高級のユニコーンの角が出回っているか、聞いてみた。

    答えは・・・

    >「可能性があるっってんならあそこかなあ?コンティ商会ってんだが。」

    >「まあ情報が欲しいってんなら、情報屋を当たった方がいいと思うぜ。」

    まあ、コンティ商会に男爵のコネがあれば会ってくれる可能性もあるし、情報屋いわゆる盗賊ギルドに聞いてみた方がいいとの事。

    >「……ゾイってなんでもできちゃうんだ
    > 剣は強いし、人との駆け引きも上手だしさぁ…….」

    レイチェルに言われ、呆然としていた俺だが・・・

    >ビシッと指差して宣言する

    レイチェルに指差され、俺はハッと気が付く。

    >「次のとこはわたしが手がかり見つけるもんねっ
    > 負けないんだから!」

    俺は大笑いしてレイチェルに言う。

    「レイ、まずは、みんな一緒に盗賊ギルドに言って、情報収集してくれないか?
     コンティ商会の事も調べてくれないか?
     ロバーツさんが言っていたじゃないか。
     必要経費は払ってくれるって。
     情報料も出して貰えるぜ。」

    それから、俺はニコっと微笑んで、

    「その次にコンティ商会に行ってみるといいかもな?
     コンペイ糖会じゃなくて、コンティ商会だ!ぜ、レイ。」

    残りの二人に振り向き、
    「ルーリエ、ジュノー、この案でどうだ?
     他の案があれば、教えてくれないか?
     分裂は、今回、よほどの事がない限り、俺は止めといたほうがいいと思うがな?」

    *************

    こきんです。

    今回は、この案を提案しました。

    コンティ商会の評判も聞いとかないとね。

    それじゃあ、2d6と予備ダイスです。

    20:36:39 こきん@ゾイ 2d6 Dice:2D6[5,2]=7

    20:37:06 こきん@ゾイ 予備ダイス 6d6 Dice:6D6[1,6,6,4,2,1]=20

    #1447
    レイチェル
    参加者

    駆け出した後ろで笑い声が聞こえて、思わず足を止めた
    「なっ、 なにがおかしいの……..?」

    >「レイ、まずは、みんな一緒に盗賊ギルドに言って、情報収集してくれないか?」
    「……盗賊ギルドだって!?」
    ゾイの提案は受け入れ難いものだった
    「や、やめとこうよ! あいつら、ろくでなしばっかだよ
     きっと、めちゃくちゃな値段でいらない情報を売られちゃう!」
    ろくでもないのはわたしも含めて、だけど

    ゾイに詰め寄ると、ポーチから取り出した財布をひっくり返す
    手の中にしゃかしゃかと流れ出たのは、銀貨と銅貨だけだった
    「わたし、全然お金持ってない……….
     あいつらじゃ全部持って行って、最後まで教えてくれないんだから!」

    >「ロバーツさんが言っていたじゃないか。
     必要経費は払ってくれるって。
     情報料も出して貰えるぜ。」

    「う……ぅぅ……..
     そうなの、かも知れないけどさぁ……」
    一抹の不安に口を尖らせる
    「情報なら、わたしが集めてくるのに……..」
    ポツリと呟いたものの、大きな声では言い返せなかった

    _________________________________
    PL玉鋼より
    ゾイの行動を見て、ちょっと修正! 
    前回投稿した***以下の分は、なかった未来になりました。

    コンティ商会の評判などについて、盗賊ギルドに移動しながら聞いて回ります
    ……..と言いたいところですが、「誰にどうやって聞くの?」というと難しいところ
    たぶん、観光客か旅人を装って、道行く主婦や気のよさそうな店員に聞いて見るのでしょう

    「ハロー、ハロー! コンティー商会、 プリーズっ!
     ……ぁー、初めてこの街に来たんだけど、コンティ商会って場所を探してるの
     どうやって行くの?  あと、どういうとこなのか、教えてくれない?」

    ダイスを振っておきます。聞き込み判定みたいなものは、ルールブックに載ってなさそうですね
    23:48:30 玉鋼@レイチェル 予備ダイス1 2d Dice:2D6[4,6]=10
    23:48:36 玉鋼@レイチェル 予備ダイス2 2d Dice:2D6[3,2]=5
    23:48:42 玉鋼@レイチェル 予備ダイス3 2d Dice:2D6[5,2]=7
    23:48:48 玉鋼@レイチェル 予備ダイス4 2d Dice:2D6[3,3]=6

    もしくはセージ技能を持っているジュノーかルーリエが、知識ですでに知っているのかな?
    知識で充分であれば、レイチェルは聞き込みにはいかないかもなあ

    ふと思ったのですが、盗賊ギルドの場所とか情報屋の居場所ってわかるんですかね?
    シーフ技能もセージ技能も持ってるルーリエであれば、ロマールの盗賊ギルドの場所とか、情報屋の居場所とか知ってるんでしょうか
    もしくは、傾向から居そうな場所を推測して、尋ねることができそうか!

    #1448

    理由を聞けばなるほど・・・
    しかしショコラへのカウンターがユニコーンの角とは大きく出たものです。
    確かにインパクトは大きいでしょうけど・・・

    >「可能性があるっってんならあそこかなあ?コンティ商会ってんだが。」

    >「実は幾人かの商人に仕入れを相談してはおりますが、
    >良い話はまだ入ってきておりません。」

    「ラムリアースはもとより、同盟国のオーファン、他にもことを構えたくない国では凡そご禁制の品ですからね・・・」

    調達で最も妥当なルートがあるとするならファンドリア経由でしょうけど普通は表には出さないでしょうね・・・
    となると、大陸最大規模と噂高いロマールの盗賊ギルドを頼るのが筋でしょうか・・・?

    ***

    >「ふつーに聞いたり探したりするだけじゃあ見つからなそうだなぁ~
    > ゾイのマネ…….は、お金がなくてできないし
    > でも、どうやったらいい話を聞き出せるんだろう」

    >「はぁ~……. 家の中なら、ノームと一緒に探せるのに
    > 商会の中にはノーム住んでないのかなぁ」

    >「まあ情報が欲しいってんなら、情報屋を当たった方がいいと思うぜ。」

    > 「レイ、まずは、みんな一緒に盗賊ギルドに言って、情報収集してくれないか?
    >  コンティ商会の事も調べてくれないか?
    > ロバーツさんが言っていたじゃないか。
    > 必要経費は払ってくれるって。
    > 情報料も出して貰えるぜ。」

    > 「ルーリエ、ジュノー、この案でどうだ?
    >  他の案があれば、教えてくれないか?
    >  分裂は、今回、よほどの事がない限り、俺は止めといたほうがいいと思うがな?」

    「正直なところ独断できないというのが正直な意見ですね。
     一介の冒険者が登録するというならともかく、
     男爵様がこれからギルドと関わるとなれば当然ながら一度限りではない保護料なども掛かってくるでしょう。
     これを依頼の経費として見積もれるかは私たちだけで判断しかねます。」

    もちろんメリットもなくはないですが・・・

    「ただ、前回のショコラの件含めてギルドから情報を買っていた可能性もあるので、
     今後を考えるのでしたら悪い話ではないと思いますが・・・。」

    「それに、あまり部外者で大勢で行くような場所ではないですね。
     コンティ商会以外の情報も聞く必要がありますし、
     情報に関しては内通者も考慮に入れておいた方がいいかもしれませんしね・・・?
     もちろん情報封鎖が経費でできるならありかもしれませんが、
     すでに漏れている可能性もあるんですよね・・・」

    このあたりの線引きが難しい所ですね・・・

    ————————————————————————————————
    PLより
    ギルドに行くとして最低聞く必要のある情報としては、
    1コンディ商会の評判
    2最高品質のユニコーンの角の販路
    3タヴェルニエ男爵の動向

    興味の領域(碌な情報が出ないかも)
    4タイ子爵夫人の病状について

    お金はとりあえず私が立て替えてもいいので。
    貴族とか見請け人連れて行くのは吹っ掛けられそうだから同行はあんまりお奨めしたくないかな?

    00:01:42 紅月@ルーリエ 予備ダイス 6d6 Dice:6D6[1,6,1,3,6,4]=21

    #1452
    ジュノー
    参加者

    >「なぜ、最上級にこだわるんだ?嗜好品として見ているだけなのか?
    > 誰か助けたい人がいるのか?教えてはくれないか?」

    ゾイさんが最高級品質のユニコーンの角を求める理由を尋ねると、
    どういうわけかあのチョコレートの名前が出てきた。

    「オーカー・シャイン、ですか……」

    精神的にとても疲れた原材料探しの依頼を思い出し、しばし遠い目になる。

    >「だが油断はできぬのだ!タヴェルニエにショコラを横取りされたのは、
    > 奴が冒険者を雇った為だ!君達の動きが知られたら
    > 妨害してくるか、横取りしてくるか分かったものではない。
    > その為の腕試しだったのだ。頼んだぞ!」

    出世争いの恐ろしさを十分知ったところで気持ちを切り替えた。

     ――――※――――

    >「や、やめとこうよ! あいつら、ろくでなしばっかだよ
    > きっと、めちゃくちゃな値段でいらない情報を売られちゃう!」

    盗賊ギルドに何か含むところがあるのか、レイチェルさんの反応は芳しくない。
    とはいえ、大陸最大とも言われるロマールの盗賊ギルドが自国の闇市のことを把握していないわけはなく、
    今回の件を訊ねるには一番いい相手といえた。

    >「ただ、前回のショコラの件含めてギルドから情報を買っていた可能性もあるので、
    > 今後を考えるのでしたら悪い話ではないと思いますが・・・。」

    「男爵自らギルドと交渉することはないでしょうから、
     そのあたりのことをロバーツさんに確認してみてはどうでしょう?」

    大金を預けるくらいに信任されているようだし、男爵とギルドの繋がりがあるなら知っているはずだ。

    ———————————————–
    PL

    03:49:42 定俊@ジュノー 指定ダイス 2d6 Dice:2D6[6,4]=10

    まさかのオーカー・シャイン……大事に保管してある。
    ユニコーンの角が手に入らないときは、オーカー・シャインの製造工程をバラして
    タヴェルニエ男爵の足を引っ張ればいいのかしら?w

    #1453
    寿
    参加者

    君達が闇市を歩きながら今後どうするかを話している時、
    レイチェルとジュノーが不審なものに気が付いた。

    先程から、一人の男が一定距離を保って後を付けてきている。
    今も角に隠れて君達を伺っていた。

    寿@GMより______________________________

    尾行に気が付きました。どうしましょう?
    でもって結局、次どこ向かうかの決定もお願いします。

    【盗賊ギルドについて補足】
    非合法の犯罪組織という所は一緒ですが、
    2.0と違って1stの盗賊ギルドは、シーフが年会費500ガメルのコストを支払って
    入会している組織であり、
    シーフ技能を所持=ギルドで技術を教えて貰った。です。(グララン以外)

    ギルドメンバーのシーフはギルドに保護され色々な協力を得る事が出来ます。
    冒険者ギルドのない1stにおいては、
    組織力、情報収集力、コネなどPC次第で頼もしい強力な武器となる存在です。

    公式設定として、基本的に盗賊ギルドの窓口で情報料を吹っかけられる事は無く、
    ガセネタを掴まされる事もありません。(シナリオ次第で例外はある)

    ギルドのアジトは極秘かつ偽装されているのでシーフ以外は行けません。
    (電波は飛ばしてもいいです。)
    故にロバーツもシーフ技能のないPCも同行できません。
    ちなみに男爵は、ギルドとつながりはありません。
    あったら皆さんを雇ってないですねw

    正確に描写するなら、シーフが、物乞いに扮するシーフとか、
    飲み屋の客に扮してるシーフに、符丁を送ってコンタクトを取って、
    それなりの情報料を払ってアジトの場所と合言葉を教えて貰い、
    そこに行って合言葉を言って通して貰い、窓口相手に「お控え為すって」って
    仁義を切ってw挨拶する・・・という段どりがありますが、
    BBSセッションでは面倒なだけなので全部端折てシーフはアジトに行けます。

    オランのギルドに所属している者が、ロマールのギルドに行った場合でも
    きちんと挨拶して義理を通せば、客分として扱われ、情報など貰えますし、
    ロマールの中で「お仕事」をしても見逃して貰えます。
    その為には年会費の500ガメルを上納する必要があります。
    ルーリエとレイチェルで合せて1000ガメルですね。
    もっと景気よく多額の献金をしておけば、更に手厚い保護を得られるでしょう。

    >「オーカー・シャイン、ですか……」
    10ダースセット12万ガメルだったそうですw
    https://bbs-swordworldweb.coresv.com/kyouyou-session/read.cgi?no=405
    今読み返しても面白いわあ。PCには不評だったけどw
    文章を読むと、ちゃんと仕事してたなあって感じ。
    最近は惰性で、文章もいかに手抜きするか考えて書いてますw

    >聞き込み判定みたいなものは、ルールブックに載ってなさそうですね
    悪く言うと2.0に比べてシステムが整備されて無い。
    良く言うとRPを重視しているって事で。
    当GMは特に聞き込みなど情報収集はRP重視します。

    #1455
    ゾイ
    参加者

    んんんんんん、みんなの意見を聞いて、俺は、考えて・・・・

    「それじゃあ、レイとルーリエ、シーフギルドに行って、情報を収集してくれないか?
     その間にジュノーと俺で、ロバーツさんを護衛するさ。」

    そして小声で俺は言う。

    「それと、ジュノー、レイ、さっき尾行している人物がいると教えてくれたが、ただの盗人か、タヴェルニエ男爵の息の掛かっている者か・・・奴らが尻尾を出すまで、ほっとくか。
     もっと接近してくれば、叩きのめすだけだが。
     ジュノー、俺も付近を警戒する、まあ、お互いロバーツさんの側を離れないようにしようぜ。
     ロバーツさんから俺達を引き離すのが奴らの手口だと思うからな。
     絶対、深追いするなよ。」

    俺はルーリエの側により、小声で話す。

    「ルーリエ、今の尾行者の正体もシーフギルドで分かりそうなら聞いてみてくれないか?
     最高品質のユニコーンの角を狙う、別の勢力があるかどうかも調べてくれないか?
     それが動きだしたら、面倒だからな。」

    *************

    こきんです。

    みなさん、こんなもんでいいですかね?

    基本的な行動指針は出たかな?

    これをみんなのRPで構築していきましょうか?

    22:07:35 こきん@ゾイ 予備ダイス 6d6 Dice:6D6[1,5,2,3,4,1]=16

    #1461
    ジュノー
    参加者

    男爵と盗賊ギルドの繋がりはないらしく、だからこそ冒険者である自分たちに依頼が来たようだ。
    盗賊ギルドは保護料を納めた相手には手出ししないと言うから、ユニコーンの角を確保するためにも
    繋がりを築いておいたほうがいいかもしれない。
    まあ、そのあたりはルーリエさんのほうが詳しいだろうから任せるとして……

    「……お、これは」

    通りかかった店の品に惹かれたように装いつつ、視線を後ろのほうへ向けると
    物陰に隠れてこちらを伺う男性がひとり視界の端に入ってきた。
    さっきからまとわりついてた気配はあれかな。

    「……どうやらつけられているようです。
     それなりに目立つ一行なので
     興味本位でやってる可能性もなきにしもあらず、ですが」

    とりあえず気付いてないように振る舞っておこう。
    まあ、ゾイさんがいるから正面から斬りかかってくるようなことはないはず。

    ———————————————–
    PL

    ユニコーンの角が確保出来なかったときは盗賊ギルドに金払ってオーカー・シャインの製造工程を流布、
    タイ子爵のタヴェルニエ男爵に対する心証を悪くすれば……とPLは思ったものの
    あれがああなって生み出されるのはどこまで知られてるのだろう?

    #1463

    >「それじゃあ、レイとルーリエ、シーフギルドに行って、情報を収集してくれないか?
    > その間にジュノーと俺で、ロバーツさんを護衛するさ。」

    「まずは、そうするのがよさそうですね。」

    こちらの案には特に異論はなし。

    >「……どうやらつけられているようです。
    > それなりに目立つ一行なので
    > 興味本位でやってる可能性もなきにしもあらず、ですが」

    どうやらすでにマークがついているらしい。
    単なる盗人ならともかくタヴェルニエ男爵の密偵だとすると最初からつけられていた可能性が高い。

    >「それと、ジュノー、レイ、さっき尾行している人物がいると教えてくれたが、
    > ただの盗人か、タヴェルニエ男爵の息の掛かっている者か・・・奴らが尻尾を出すまで、ほっとくか。
    > もっと接近してくれば、叩きのめすだけだが。
    > ジュノー、俺も付近を警戒する、まあ、お互いロバーツさんの側を離れないようにしようぜ。
    > ロバーツさんから俺達を引き離すのが奴らの手口だと思うからな。
    > 絶対、深追いするなよ。」

    「そうですね・・・?一度使い魔に確認させてみるか、いっそのことこちらから釣ってみてはどうでしょう?」

    「ユニコーンの角と同じ大きさの棒状のものを布に包んで適当なお店から出てきて、いいものが手に入りました、
     なんて言って少し人目のない所に移動すれば動きがみられるかもしれませんよ?」

    小声、エルフ語で伝える。

    >「ルーリエ、今の尾行者の正体もシーフギルドで分かりそうなら聞いてみてくれないか?
    > 最高品質のユニコーンの角を狙う、別の勢力があるかどうかも調べてくれないか?
    > それが動きだしたら、面倒だからな。」

    「それについてはあまり期待しないほうがいいですね。
     相手もギルドの所属なら、ギルド側に保護義務があるので身元がつかめない可能性が高いです。
     確実を期すならさっき私が言った方法を試ししてみればわかると思いますね?」

    まぁ、どちらにせよ、顔くらいは確認しておいた方がいいでしょうし・・・

    「すいません、少しお花摘みに行ってきます。」

    一言残してギルドの方へ向かうことにした。
    ・・・がその前に。

    ***

    付けられているかを確認しつつ、少し離れたところで適当なところでセレストを飛ばす。
    ジュノーさんが追跡者の気配を感じたあたりを確認させる。
    顔と人数の確認ができればいいですが・・・?

    ***

    追手の確認をしつつ、事前に聞いておいた盗賊ギルドへと足を運ぶことにした。

    「お邪魔します。
     短期間になると思いますがこちらでお世話になりたいと思いまして・・・」

    こちらで冒険者として仕事をする旨を伝えて話を通して話を聞いてみるとしましょう。

    ————————————————————————————————
    PLより
    とりあえず最後の行ってきます以外の小声の相談はすべてエルフ語で行いました。

    ギルドの方に出向いたら年会費含めて二人分、手付で4000出しておきましょう。
    また、情報料は別途で支払い。
    経費で落ちなかったときは報酬である程度頭割りしてもらえると助かりはしますがよろしくお願いします。

    1コンディ商会の評判
    2最高品質のユニコーンの角の販路
    3タヴェルニエ男爵の動向
    4タイ子爵の動向

    興味の領域(碌な情報が出ないかも)
    5タイ子爵夫人の病状について
    6追跡者の所属

    他にも聞いておきたいことなどあれば。

    10:18:20 紅月@ルーリエ 予備ダイス 6d6 Dice:6D6[1,5,6,3,1,2]=18

    ところで闘技場分の500一応財布に加えておいて大丈夫ですか?

    #1465
    寿
    参加者

    レイチェルとルーリエは、皆と別れて盗賊ギルドに向かう事にした。

    ある程度距離を取った所で、ルーリエが使い魔のフクロウを飛ばす。

    だが・・・
    尾行相手を確かめる前に、
    上空からセレストよりも大きいフクロウが襲い掛かってきた。

    寿@GMより_____________________________

    ルーリエの数字を使ってダイスを振ってください。
    回避目標値は12です。
    当たったら減点無しの1点ダメージ。(モンスター同士の戦闘に準じます。)
    戦闘を続けるなら、敵の回避点は12点です。
    逃げるなら、敵は追いかけてきません。

    >あれがああなって生み出されるのはどこまで知られてるのだろう?
    別に機密ではないけど、ロマールまでは知られて無さそうですねw

    >経費で落ちなかったときは
    それは皆さんがロバーツにどう交渉するかによりますねw

    >ところで闘技場分の500一応財布に加えておいて大丈夫ですか?
    いいです。
    他の皆さんもキャラシに反映しておいてください。

    ギルドのシーンになるので、一応明日までレイチェルを待ちますね。

    #1466

    偵察に飛ばしたセレストにさらに大型サイズのフクロウが襲い掛かってくる。
    どうやら相手方にも魔術師がいたらしい。
    姿勢制御が間に合わず、詰めが背中に突き刺さり自身も鈍い痛みが走る。

    やられた瞬間に反動を利用して相手の腹部に爪を突き立てにかかるが相手の反応はどうか?

    能力的にはほぼ互角程度・・・?
    怪我自体は大したことはないが戦い続けても利はなさそうなので、
    少し距離を取り相手のフクロウの種類などを目視観察し引き返すことにした。

    ————————————————————————————————
    PLより
    念のため
    21:17:46 紅月@ルーリエ 不意打ち 2d6+4 Dice:2D6[1,5]+4=10

    不意打ち判定は10、相手のレンジャー技能を図る。

    20:49:29 紅月@ルーリエ 回避 2d6+5 Dice:2D6[1,1]+5=7
    経験値10点貰います(笑)ピンゾロは自動失敗で致命的失敗(ファンブル)ではない。

    流石に空中で自分より大きなフクロウが飛んできて気付かないわけもないと思うので、
    OKならカウンターで一発殴り返します。
    不意打ち判定もなしに一方的にというのはもにょるので通してもらえれば幸い。

    21:07:22 紅月@ルーリエ カウンター 2d6+5 Dice:2D6[6,2]+5=13
    20:49:45 紅月@ルーリエ 予備ダイス 6d6 Dice:6D6[6,5,2,3,6,1]=23

    HP12/13
    MP20/20

    セレスト
    HP3/4
    MP4/4

    こちらに注意が行っている隙にこっそりゾイさんの使い魔も偵察に出してみてはと提案してい観ます。(電波)
    ギルドについたら確認した種類のフクロウを使い魔にしていて、タヴェルニエ男爵に雇われている魔術師についても聞いておきましょうかね。(セレストは大型種(小柄))

    #1468
    寿
    参加者

    フクロウはお互い一発ずつ相手に入れて、けん制しながら距離を取った。
    敵も深追いするつもりはないようだ。
    様子を見るに、恐らくは使い魔で間違いなさそうだ。
    セレストに合わせて向こうも離れていった。

    寿@GMより_________________________________

    不意打ち判定は、ルーリエの予備ダイスを使用しました。
    相手は固定値運用で11でした。
    お互い不意打ち無しなので、攻撃は普通に出来ます。

15件の返信を表示中 - 31 - 45件目 (全211件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。